水平線に時を読む無料試し読みコーナー


「ストーリーは過去であり、過去はストーリーだ」波乗りを好む男が、雑誌の取材でインタヴューに赴く。相手は57歳。その人も波乗りの練達で、しかもその人の祖父こそが、日本で初めてのサーファーの可能性もあるという。加えて彼の家には、日本最古のサーフボードが保存されている。過去はどんどんどこからか湧いてきて「波が呼ぶんだよ」という小説の話、その映画の話、ハワイの話に広がってゆく。「波が呼ぶんだよ」とはまさに片岡義男の小説のタイトルであり、ハワイは作家の父方のルーツである。自伝的要素を巧みにフィクションに混入した、手の込んだ作品だ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



水平線に時を読む無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


水平線に時を読む「公式」はコチラから



水平線に時を読む


>>>水平線に時を読むの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)水平線に時を読む評判


BookLive!(ブックライブ)の水平線に時を読む支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも水平線に時を読む電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも水平線に時を読むの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも水平線に時を読む支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、水平線に時を読むの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい水平線に時を読むが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな水平線に時を読む電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)水平線に時を読むあるある


スマホを通して電子書籍を入手すれば、通勤中や仕事の合間の一服タイムなど、どんなところでも楽しめます。立ち読みもできるシステムとなっていますから、書店まで足を運ぶなんて必要はないのです。
流行のアニメ動画は若者だけが楽しむものだと思い込んでいないでしょうか?アダルト世代が見ても感動してしまうような構成で、壮大なメッセージ性を持ったアニメも多々あります。
コミックサイトの一番のセールスポイントは、扱っている本の数が本屋よりはるかに多いということだと言っていいでしょう。商品が売れ残るリスクが発生しない分、多種多様なタイトルを扱えるのです。
スマホ所有者なら、BookLive「水平線に時を読む」を時間に関係なく楽しめるのです。ベッドでくつろぎながら、眠たくなるまでのリラックスタイムに読むという人が多いとのことです。
忙し過ぎてアニメを見る時間を確保することができないというサラリーマンにとっては、無料アニメ動画がとても役に立ちます。定められた時間帯に視聴することなど不要ですから、空き時間を活用して見ることが可能です。



ページの先頭へ