誕生日のドア無料試し読みコーナー


誕生日のドアは、一人で通れ一緒に生活している男女がいる。まもなく男の35歳の誕生日がやってくる。3日後には、今度は女の35歳の誕生日だ。しかし、家の中の空気はおだやかではない。彼と様々な女性との関係がバレてしまったのだ。一つひとつ暴露されているあいだも腹が減ったといっては食事を作り、コーヒーを飲み、書いた小説(男は作家なのだ)をさんざんにけなされてもその小説について悪びれずに語ってしまう男がなんともユニークだ。誕生日、というものが毎年やってくるドアだとすれば、今年は一人でくぐるしかなさそうだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



誕生日のドア無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


誕生日のドア「公式」はコチラから



誕生日のドア


>>>誕生日のドアの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)誕生日のドア評判


BookLive!(ブックライブ)の誕生日のドア支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも誕生日のドア電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも誕生日のドアの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも誕生日のドア支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、誕生日のドアの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい誕生日のドアが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな誕生日のドア電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)誕生日のドアあるある


「色々比較しないで選択してしまった」というような人は、無料電子書籍はどこも変わらないという認識でいるのかもしれないですが、サービスの充実度は会社によってまちまちですから、比較検証することは必須だと思います。
「スマホの小さな画面だと見づらいということはないのか?」という疑問を持つ人も見られますが、その様な人もBookLive「誕生日のドア」をダウンロードしスマホで閲覧すると、その素晴らしさにビックリすること請け合いです。
スマホで読むことが可能なBookLive「誕生日のドア」は、出掛ける時の荷物を軽減するのに寄与してくれます。バッグなどの中に読もうと思っている本を入れて持ち運ぶようなことをせずとも、手軽に漫画をエンジョイすることができます。
ユーザーが急激に増え続けているのがスマホで読めるコミックサイトです。かつては「漫画は本という形で買うもの」という人がほとんどでしたが、電子書籍の形で買って閲覧するというユーザーが増加しているのです。
電子書籍というものは、気付くと支払が高額になっているという可能性があります。ところが読み放題であれば月額料が決まっているので、いくらDLしようとも支払が高額になる心配は無用です。



ページの先頭へ