ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う無料試し読みコーナー


生徒の「自主的、自発的な参加」に基づく部活動。それはこれまで、「部活動を通した成長」「能力の向上」「友だちとの深い結びつき」など、教育的な文脈で語られてきた。しかし、統計データや教師の声を繙いていくと、「子どもの成長のため」を免罪符に、大きな矛盾や教員の負担が覆い隠されていることが明らかになる。 教育課程外の活動である部活動は、本来教員の業務ではない。にもかかわらず、「教師が部活顧問をするのは当然」と見なされ、強制的に割り振る学校が大半。早朝から夜まで、土日も休まず活動する部活は多い。日本中の学校で行われている部活動のほとんどが、教師がボランティアで行う「サービス残業」に他ならない。また、自主的な活動であるはずの部活動への「全員加入」を強制する、自治体・学校も決して少なくない。法的・制度的な位置づけが曖昧なのに、子ども・教師の両方が加入を強制され、そのことに疑問を抱かない。保護者も「当然のもの」として教師に顧問として長時間の活動を求める。そのような部活動のモデルで成長していく子どもは、このような部活動のあり方を当たり前に思い、再生産していくことになる。 「教育」「子どものため」という題目の裏で何が起きているのか。統計データや子ども・教師の声の解釈から、部活動のリアルと、部活動を取り巻く社会の構造が見えてくる。ほんとうに自発的で、過度の負担のない部活動へ向かうための、問題提起の書。 ●部活の加熱化を示す大会数増 ●部活動は教師のやりがい搾取? ●「自主的な活動」なのに全員強制 ●顧問の「無償奉仕」を求める保護者 ●週三回でも「部活動の教育効果」は見込める!
続き・・・



ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う「公式」はコチラから



ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う


>>>ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合うの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う評判


BookLive!(ブックライブ)のブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合うの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合うの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合うが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合うあるある


コミックサイトの一番の利点は、扱うタイトル数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと思います。売れずに返品扱いになる心配がないので、広範囲に及ぶタイトルを揃えられるわけです。
1冊ごとに書店まで行って買うのは大変です。とは言え、全巻まとめて買うのは内容がおそまつだった時の金銭的及び精神的ダメージが大きすぎます。BookLive「ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う」なら一冊一冊買えるので、その点心配無用だと言えます。
「部屋の中に保管しておけない」、「持っていることもバレたくない」と思ってしまう漫画でも、BookLive「ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う」を活用すれば家族に知られずに読み続けられます。
テレビで放映中のものをオンタイムで視聴するのは無理があると言う方でも、無料アニメ動画として配信中のものなら、一人一人の好きなタイミングで視聴することも叶うのです。
「家じゃなくても漫画を読み続けたい」と言う方に便利なのがBookLive「ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う」だと断言します。重たい漫画を肌身離さず持ち歩くことも不要になりますし、荷物そのものも重くなることがありません。



ページの先頭へ