秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド無料試し読みコーナー


各札所の歴史や由緒、「観音霊験記」に伝わる物語など、詳しい解説とわかりやすい地図で、巡礼の旅にご案内します。語り継がれる伝説・歴史を詳述● 「観音霊験記」の縁起解説● 御朱印や御詠歌の予習に● 豊富な写真で見どころ案内巡礼道をわかりやすく解説● 札所間の歩き方がわかる地図● ルート上の目印や起伏を詳述● 周辺の立ち寄り情報 etc.◆ 本書では ・・・各札所の紹介記事の前に、そのひとつ前の札所から徒歩で移動してくる「歩き巡礼」のルートを「巡礼道」として紹介しています。徒歩の場合の歩行時間は1時間につき3kmの移動を原則に、坂道や山道などの状況を考慮して算出した標準的な時間を記していますが、途中の休憩時間は含みません。歩く速度には個人差があるので、必ずしも表記の時間通りにならない場合があります。地図は、原則としてひとつ手前の札所から該当の札所までの道のりと、最寄りの駅またはバス停から札所までの範囲を掲載しています。周辺の札所からの移動区間についても地図上で参考にできるようにつとめました。地図の縮尺は各ページによって異なっています。それぞれの地図には地図上の距離の目安となるスケールを記していますので、参考にしてください。各札所の紹介ページには、「観音霊験記」による縁起を囲み記事で紹介しました。これは江戸時代末期に発表された、百観音霊場を題材にした浮世絵で、札所の縁起(由来)について物語り風に記したものです。原文は古語なので、文章は大意を意訳して紹介しました。*** CONTENTS ***★ 秩父市東部と横瀬町の札所★ 秩父市街地と周辺の札所★ 秩父郊外 荒川・小鹿野・皆野の札所本書は2009年発行の「秩父三十四ヶ所 札所めぐりルートガイド」を元に加筆・修正を行っています。
続き・・・



秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド「公式」はコチラから



秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド


>>>秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイドの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド評判


BookLive!(ブックライブ)の秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイドの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイドの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイドが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイドあるある


BookLive「秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド」を積極的に使えば、部屋の隅っこに本棚を確保する必要性がないのです。それに、最新刊を購入するために本屋に立ち寄る手間を省くこともできます。こういった理由から、サイト利用者数が増加しているのです。
「出版されているすべての漫画が読み放題だったら、どれほどにいいだろう」という漫画マニアの発想に呼応するべく、「毎月固定の金額を払えば購入の度に料金が発生しない」という形式の電子書籍が考えられたわけです。
「自室に置くことができない」、「読者であることを隠すべき」と思ってしまう漫画でも、BookLive「秩父三十四ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド」を巧みに利用すれば自分以外の人に非公開のまま楽しむことができます。
人がいるところでは、あらすじを確認することも躊躇するような漫画だとしても、無料漫画サービスを提供している電子書籍なら、面白いかをきちんとチェックした上で購入を決めることができるので安心です。
無料電子書籍を活用するようにすれば、時間と労力を掛けて漫画ショップにてチョイ読みをするといった面倒なことをしなくて済むようになります。そんなことをしなくても、「試し読み」することで中身のチェックを済ませられるからです。



ページの先頭へ