新釈法華三部経 7無料試し読みコーナー


新釈法華三部経7収録内容……『法華経』「如来寿量品第十六」「分別功徳品第十七」「随喜功徳品第十八」「法師功徳品第十九」立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。広大な宇宙をつらぬく永遠の生命(久遠本仏)と、私たちの命が一つにつながっていることを明らかにするのが、『法華経』の中心ともいわれる如来寿量品です。「久遠本仏の大いなるいのちに生かされていること」「いつも仏さまに守護されていること」を確信できれば、心境が変わってきます。心境が変われば生き方も変わります。そのように、すべての生命の“つながり”に気づき、自分に与えられたいのちの尊さにも気づくならば、心には一片のとらわれもなく、身のはたらきは自由自在に、日々幸福を実感することができましょう。こうして、ものの見方、考え方、行動が仏さまの教えに沿っていく喜びと功徳を、分別功徳品、随喜功徳品、法師功徳品で順に説いていきます。
続き・・・



新釈法華三部経 7無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


新釈法華三部経 7「公式」はコチラから



新釈法華三部経 7


>>>新釈法華三部経 7の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 7評判


BookLive!(ブックライブ)の新釈法華三部経 7支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも新釈法華三部経 7電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも新釈法華三部経 7の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも新釈法華三部経 7支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、新釈法華三部経 7の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい新釈法華三部経 7が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな新釈法華三部経 7電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 7あるある


日々新作が登場するので、何冊読もうとも全て読み終わってしまうおそれがないというのがコミックサイトの強みです。書店にはもう置いていないニッチなタイトルもそろっています。
テレビ放送されているものをテレビ番組のスケジュール通りに見るのは厳しいものがありますが、無料アニメ動画という形で配信中のものなら、ご自身の空いている時間を活用して見ることだって簡単にできるのです。
クレジットで購入する電子書籍は、知らないうちに利用料が高くなっているということが無きにしも非ずです。けれども読み放題サービスなら毎月の支払いが固定なので、読み過ぎても支払金額が高くなるなどということはあり得ないのです。
BookLive「新釈法華三部経 7」を使えば、部屋の隅っこに本を置く場所を工面することが必要なくなります。そして、最新の本が出るたびにお店に通う手間を省くこともできます。こういった理由から、ユーザー数が増えているというわけです。
電子無料書籍をうまく活用すれば、手間暇かけて売り場まで赴いて立ち読みをする必要がなくなります。こうしたことをしなくても、「試し読み」することで中身のリサーチが可能だからなのです。



ページの先頭へ