“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る無料試し読みコーナー


空港直属の写真家が撮り続けた貴重な記録写真を一挙公開!大正6年1月、羽田町・穴森に日本飛行学校が開校し、ここに羽田と航空機との歴史が刻みはじめられた。以来1世紀、昭和6年の東京飛行場の開港を経て、羽田空港は「首都・東京の空港」として発展を遂げ、日本の航空史に重要な役割を果たしてきた。長年にわたって羽田空港の記録写真を撮り続け、『羽田開港50年』誌などの制作にも携わった著者が、同誌などを基に綴る羽田空港のあゆみ。当時の貴重な写真やさまざまなエピソードを交え、羽田空港の知られざる一面も紹介する。空港長や機長、整備士など、羽田空港ゆかりの人たちの「思い出の記」も収録。 近藤 晃(こんどうあきら)スタジオ助手、外国写真通信社勤務を経て、昭和40年、フリーランスの写真家に。昭和50年頃から羽田空港などの撮影を始め、昭和56年、『羽田開港50年』誌と写真展。昭和63年、『エアポート羽田春夏秋冬』と題した個展をキヤノンサロンで開催。平成2年、キヤノン航空写真コンテスト審査委員、東京空港事務所『即位の礼記録写真集』を制作。平成12年、キヤノンEOS学園講師。平成13年、キヤノン航空写真愛好会顧問、キヤノンフォトクラブ写真講師。平成16年、日本航空協会50年記念写真コンテスト審査委員。日本写真家協会会員、航空ジャーナリスト協会会員。
続き・・・



“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る「公式」はコチラから



“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る


>>>“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る評判


BookLive!(ブックライブ)の“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るあるある


余計なものは持たないというスタンスが大勢の人に広まってきた今日この頃、本も例外でなく冊子本という形で所持せずに、BookLive「“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る」を用いて楽しむ人が急増しています。
普段からたくさん本を読むという人からしますと、月に一定料金を払うことで何冊であろうとも読み放題という形でエンジョイできるという利用方法は、それこそ先進的だと高く評価できるでしょう。
ショップでは、展示する面積の関係で陳列できる漫画の数が限られてしまいますが、BookLive「“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る」であればそういう問題が発生しないため、マニア向けの書籍もあり、人気を博しているのです。
無料電子書籍を閲覧することにすれば、どうしようもなく暇で手持無沙汰で仕方ないなんてことがなくなるでしょう。お昼休憩や通勤時間などにおいても、想像以上にエンジョイできるはずです。
月額の利用料が固定のサイト、登録しなくても使用できるサイト、1冊毎購入するサイト、無料にて読むことができる作品が充実しているサイトなど、コミックサイトも1つ1つ異なるところがあるため、比較することをおすすめします。



ページの先頭へ