ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1無料試し読みコーナー


有名タイトルを次々と送り出してきたゲーム会社・スクウェア。現在は最大のライバル・エニックスと合併し、巨大なカンパニーとなっているが、その前身はどんな会社だったのか? そのルーツをたどる総力特集。〈主な内容〉●スクウェア創業の歩み●PC時代のスクウェアゲーム●スクウェア人気シリーズ名鑑●独特すぎる河津ゲー特集●スクウェア開発子会社の秘密●スクウェア特殊ゲー大全●スクウェア黒歴史●スクウェア名物社長列伝※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・ゲームラボ2016年12月号一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続き・・・



ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1「公式」はコチラから



ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1


>>>ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1評判


BookLive!(ブックライブ)のゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1あるある


「スマホは画面が小さいので読みにくいのでは?」と疑念を感じる人もいますが、実際にBookLive「ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1」をゲットしスマホで読んでみると、その利便性に驚愕するはずです。
コミックサイトも様々存在します。それらのサイトをきっちりと比較して、自分に適したものを選ぶことが必要だと言えます。そうすれば良いサイトと出会えます。
買った本は返品してもらえないので、内容を吟味してからお金を払いたい人には、試し読みが可能な無料電子書籍はとても使い勝手が良いでしょう。漫画も内容を確認してから入手できます。
数年前に出版された漫画など、小さな本屋では注文しなければ買い求めることができない本も、BookLive「ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1」という形で諸々販売されていますから、その場で直ぐに入手して読むことができます。
買うべきかどうか迷っている作品があるようなら、BookLive「ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1」のサイトで料金の発生しない試し読みを活用すると良いでしょう。読んでみて面白いと感じなければ、買わなければ良いという話です。



ページの先頭へ