BiStory~アイドルを殺したのは誰?~無料試し読みコーナー


BiS(ビス)=結成当初のキャッチコピーは“アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組”。グループ名は、Brand-new idol Society(新生アイドル研究会)の頭文字をとっている。2010年11月活動開始。右も左もわからなかった立ち上げから、オリコントップ10入りを果たすまでになったBiSの裏側が、今、もっともスキャンダラスな形で明かされる!リーダー、プー・ルイが日々の本音を綴ってきた2010年~2013年までの「報告メール」を一挙収録。アイドル界で異彩を放つ特異な活動体の、エグくてエモい1000日!「全裸PV」「IDOL騒動」「グループ内抗争」といったスキャンダラスな事件を巻き起こしながらアイドル界を前進している、異端児アイドル、BiS。そのリーダーであるプー・ルイがBiS立ち上げ期からマネージャーに日々送っていた「報告メール」が、オリコントップ10の常連となりつつある今、公開される。そこには、やめていくメンバーへのやるせない気持ちや、研究員と呼ばれるファン、マネージャー“ジュンジュン”への不満など、苦悩するプー・ルイの本音が赤裸々に綴られている。
続き・・・



BiStory~アイドルを殺したのは誰?~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


BiStory~アイドルを殺したのは誰?~「公式」はコチラから



BiStory~アイドルを殺したのは誰?~


>>>BiStory~アイドルを殺したのは誰?~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)BiStory~アイドルを殺したのは誰?~評判


BookLive!(ブックライブ)のBiStory~アイドルを殺したのは誰?~支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもBiStory~アイドルを殺したのは誰?~電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもBiStory~アイドルを殺したのは誰?~の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもBiStory~アイドルを殺したのは誰?~支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、BiStory~アイドルを殺したのは誰?~の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいBiStory~アイドルを殺したのは誰?~が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなBiStory~アイドルを殺したのは誰?~電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)BiStory~アイドルを殺したのは誰?~あるある


スマホで閲覧することが可能なBookLive「BiStory~アイドルを殺したのは誰?~」は、出掛ける時の荷物を軽減するのに役立つと言っていいでしょう。バッグの中などに読もうと思っている本を入れて持ち歩くようなことをしなくても、いつでもどこでも漫画を楽しむことが可能です。
他のサービスに負けることなく、ここ数年無料電子書籍システムというものが広がり続けている要因としては、近場の本屋が減少してしまったということが挙げられるのではないでしょうか?
書籍全般を買うという時には、パラパラとストーリーをチェックしてから決定する人が多いのではないでしょうか?無料コミックなら、立ち読みするかのように中身を確認することができるのです。
電子書籍の人気度は、これまで以上に高まってきています。そういう状況の中で、特にユーザーが右肩上がりで増えているのが読み放題というプランだそうです。料金を心配することが不要だというのが最大の特徴と言えます。
漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊ずつの単価で見れば安いと言えますが、沢山買えば月々の購入代金はかなり膨らむことになります。読み放題ならば固定料金なので、出費を節減できます。



ページの先頭へ