たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~無料試し読みコーナー


【この本を読んでほしい人】◎EAの自作はできたものの“使える”システムにならない人◎人マネではない独自のEAを作りたい人◎まだ日本に上陸していない海外のインディケータをEAにしたい人◎EA改造のヒントやアイデアがほしい人◎検証の幅を広げたい人雑誌などでよく目にするテクニカル指標の売買サイン(RSIの30を割ったら買って、70を超えたら売るなど)。それが本当に機能するかどうかを試したことがありますか。結論から言うと、とても残念な結果になります。その要因はどこにあるのでしょうか。ひとことで表現してしまえば、「(他人の言うことを)受け売りしているかどうか」につきます。先ほどのRSIの例で言うならば、“何も考えずに”そのまま売買サインを試してみても駄目だ、ということです。何時から何時までの間に限定して売買サインを使うとか、ほかの情報(FXで言うなら通貨、株式取引で言うなら先物など)を見ながらエントリータイミングを探るといったように、「何らかの条件を足していかなければ“負”の引力に引きずりこまれてしまう」のです。本書『たすFX』は、負の引力に打ち勝つためにどうすればよいのかを解説したものです。具体的には、何らかのアイデア(=条件)を売買サインに足していくこと、つまり“受け売りではない独自のトレード”を実現するためにどうすればよいのかを紹介しています。主に以下の内容になっています。どういう条件を足していけばよいのか、実際の検証結果から皆様のトレードのヒントになりそうなものを選んで紹介 自分のアイデアが通用しそうかどうかを、実戦前に試す(=アイカスタムで表現する)方法を紹介 本書ではメタトレーダーを使って検証していますが、アイデア自体はFXだけではなく、株式や先物などでも使えるものです。 「足し算の発想」をするだけで世界が広がることをぜひ実感してください。そして、自分流にカスタマイズして(=自分のアイデアにして)、あなただけの売買システムを作ってみてください。
続き・・・



たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~「公式」はコチラから



たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~


>>>たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~評判


BookLive!(ブックライブ)のたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~あるある


BookLive「たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~」が親世代に受け入れられているのは、幼いころに読みふけった漫画を、再び自由に楽しむことができるからに違いありません。
1ヶ月分の料金を納めることで、様々な書籍を思う存分閲覧することができるという読み放題コースが電子書籍で人気となっています。個別に購入せずに済むのが人気の理由です。
電子書籍の注目度は、日を追うごとに高くなっています。そうした状況において、利用者が右肩上がりで増えているのが読み放題というプランなのです。値段を気にしなくても大丈夫なのが一番のポイントです。
毎日を効率よく過ごしたいのであれば、空き時間を無駄なく活用することが必要です。アニメ動画をエンジョイするのは移動時であってもできることなので、その様な時間を有効利用する方が良いでしょう。
日常とはかけ離れた物語の世界に夢中になるのは、リフレッシュに大変役立ちます。難解な内容よりも、分かりやすい無料アニメ動画の方がいいと思います。



ページの先頭へ