【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―無料試し読みコーナー


法人営業の基本は、売り込みやクロージングカクテル名がタイトルのショートストーリー。恋愛、仕事、人間関係などに悩むゲストが、BARでバーテンダーを相手に本音を吐露したり、自分と向き合う時間を得て、人生をポジティブに生きるヒントをつかんでいく。20種類のカクテルをベース別に分類し、カクテル名を小タイトルとした1話完結の掌編小説。カクテルの由来や味、強さ、ストーリーなどをバーテンダーが語る場面も登場する。カクテルには誕生の由来や、映画のワンシーンなど、様々なサイドストーリーが存在している。これを現代の悩める人々に照らし、物語と絡んでいく。【こんな人にオススメ】仕事、恋愛、結婚、家庭、様々な悩みを抱えた方におすすめです。特に、ビジネスマン・OL・フリーランスの方などにおすすめします。忙しくて読書する時間のない方も、1話完結のショートストーリーなので、通勤や移動時間などのちょっとした時間に読み切れます。【著者プロフィール】長谷川洋美■作家としての活動2013年4月小説『タロットの魔女』刊行、2014年2月小説『続・タロットの魔女』刊行。■コミュニケーション・コンサルタントとしての活動約20年に渡り、ビジネスパーソン向けのコミュニケーション・スキルアップ講師を行う。ビジネスにおける接客手法、話し方、ライティング・スキルアップ講座、正しい日本語・敬語講座など、ビジネス・コミュニケーションにまつわる各種研修の外部講師。受講者は、のべ10,000人を超える。2016年より、一般向けの各種セミナーを開講予定。
続き・・・



【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―「公式」はコチラから



【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―


>>>【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―評判


BookLive!(ブックライブ)の【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―あるある


頻繁にコミックを読むなら、コミックサイトが便利です。購入するのも非常に容易ですし、新たに出版されるコミックを買いたいがために、手間暇かけて売り場で事前予約するなどという手間も省けます。
アニメ動画というものは若者だけを対象にしたものだと考えるのは早計です。大人が見ても思わず感動してしまうような作りで、重厚なメッセージ性を秘めたアニメも稀ではないのです。
電子書籍を買うというのは、ネットを通して情報を入手することだと言えます。サービスの提供が終了してしまうと利用不可になってしまうので、きちんと比較してから信頼に足るサイトを選択してください。
一般的に書籍は返品することは無理なので、内容をざっくり確認してから入手したいと考える人には、試し読みで確認できる無料電子書籍はとても便利なはずです。漫画も軽“く立ち読み”してから買い求めることができます。
漫画と聞くと、「少年少女をターゲットに作られたもの」という印象を持っているのではないでしょうか?でも近年のBookLive「【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―」には、壮年期の人が「懐かしい」と思えるような作品も勿論あります。



ページの先頭へ