覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~無料試し読みコーナー


ストライカーにまつわる既成概念を、疑ってみよう。「農耕民族だから」とか「豊かな国だから」といった安易な理由に帰結せず、「農耕民族でも、豊かな国でも、ストライカーは育つはずだ」という発想を出発点にしたい。エゴイストではなくても、点が取れる方法はあることを認識したい。チーム戦術、個人戦術、育成といった視点から、日本人ストライカーの可能性を探っていきたいと思うのだ。 (以上本文より抜粋)■著者プロフィール戸塚 啓(とつか・けい)1968年、神奈川県生まれ。サッカー専門誌記者を経て、フランス・ワールドカップ後の98年秋からフリーに。W杯は4大会連続で取材。日本代表の国際Aマッチは91年から取材し、2000年3月からは180試合連続で取材中(南アフリカ・ワールドカップ終了時)。著書に『マリーシア 〈駆け引き〉が日本のサッカーを強くする』(光文社新書)など。近著に『勝利へ』(光文社文庫・共著)、『世界に一つだけの日本サッカー――日本サッカー改造論』(出版芸術社)、『新・サッカー戦術論』(成美堂出版)がある。02年より大宮アルディージャ公式ライターとしても活動。テレビやラジオでの解説も務める。ツイッターアカウントはkei166。
続き・・・



覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~「公式」はコチラから



覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~


>>>覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~評判


BookLive!(ブックライブ)の覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~あるある


「手持ちの漫画が増え過ぎて困り果てているから、購入するのをためらってしまう」とならずに済むのが、BookLive「覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~」の便利なところです。たくさん買ったとしても、収納スペースを心配せずに済みます。
BookLive「覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~」で漫画を入手すれば、部屋の中に本を置くスペースを作る必要性がないのです。新刊が出たからと言って本屋へ出向く手間も省けます。こうした背景から、ユーザー数が増え続けているのです。
来る日も来る日も新作が登場するので、どれだけ読もうとも読む漫画がなくなる心配は無用というのがコミックサイトのメリットです。書店では扱っていないような若いころに楽しんだタイトルも手に入れることができます。
電子書籍を購入するというのは、ネット上で文字やイラストなどの情報を得るということを意味します。サイトがなくなってしまうと利用することができなくなるので、必ず比較してから信頼のおけるを選択したいものです。
スマホで読むことができるBookLive「覚醒せよ、日本人ストライカーたち~日本は本当にフォワード不毛の地なのか~」は、移動する時の持ち物を軽減するのに寄与してくれます。リュックやカバンの中などに何冊も本を詰めて持ち運ばなくても、気軽にコミックを堪能することが可能なのです。



ページの先頭へ