1. 目当ての電子書籍をもっと簡単に見つける。|電子書籍ストア「BookLive(ブックライブ)」
  2. BookLive!ラインナップ一覧4|お目当て電子書籍一覧
  3. ブックライブ作品8|お目当て電子書籍一覧
  4. 世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例|お目当て電子書籍一覧

世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例無料試し読みコーナー


超高齢化社会の到来と新興国の追い上げの中、GDPは世界第3位でブランド力も高いのに、日本の存在感と競争力の低下にショックな著者が、グローバル社会で生き残るべく、世界を相手にしたビジネス展開が必須と警鐘を鳴らす。そのために著者自身の実体験から導き出した7つのアプローチを提示し、8つの事例で実ビジネスで説明する。根底にあるのは著者の「人間は皆、地球人。各国の独自性は尊重」のダイバーシティの考え方。【こんな人にオススメ】勤務先が海外、グローバル展開を計画中もしくは展開済の日本企業勤務者で、思うように海外とコミュニケーションを図ってビジネスを行えていない人。日本の実業家・起業家で、ビジネス上の課題を抱えている人((業績が良くない、生産性を上げたいなど、事業は順調だが先の成長が見えないなど)。日本の実業家・起業家で、世界を相手に事業拡大を考えている人。日本の実業家・起業家で、海外展開を開始しているが上手くいっていない人。ビジネスを本気で学びたビジネスパーソンや学生。【著者プロフィール】著者:尾柳 芽実現パナソニックと欧州、米国のグローバル企業にてグローバル関連のビジネスに従事。専門はマーケティングのMBA保持者。panasonic.net の立ち上げの立役者であり、特にデジタルやWebマーケティングのグローバル化、およびメディアミックスに強い。米国企業勤務時には日本の中堅企業の海外事業の展開・強化、日本に未参入の欧米中小企業の日本市場への誘致を目的としたマーケティングに従事。その経験も活かし、日本ビジネスのグローバル展開、海外企業の日本市場におけるビジネスなどの支援全般を行っている。
続き・・・



世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例「公式」はコチラから



世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例


>>>世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例評判


BookLive!(ブックライブ)の世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例あるある


書籍の販売低下が嘆かれる昨今、電子書籍は今までにない仕組みを導入することにより、購読者数を増加させているのです。革新的な読み放題というシステムがそれを現実化したのです。
様々なジャンルの本を読み漁りたいという人からすれば、何冊も買うのは家計的にも厳しいと言って間違いないでしょう。けれど読み放題ならば、利用料を大幅に切り詰めることも適うのです。
詳しいサービスは、各社それぞれ異なります。そういうわけで、電子書籍を何処で買い求めるのかというのは、比較しなくてはいけないと言えるのではないでしょうか?すぐに選ぶのは危険です。
多くの書店では、棚の問題で陳列することが可能な書籍数が制限されてしまいますが、BookLive「世界を相手にビジネスで勝つための教科書 グローバル社会で事業を拡大する7つの方法と8つの事例」だとこういった制限がないため、あまり一般的ではない書籍も販売できるのです。
近年、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というサービスが登場し評判となっています。1冊毎にいくらではなくて、月毎にいくらという料金徴収方法です。



ページの先頭へ