1. 目当ての電子書籍をもっと簡単に見つける。|電子書籍ストア「BookLive(ブックライブ)」
  2. BookLive!ラインナップ一覧4|お目当て電子書籍一覧
  3. ブックライブ作品8|お目当て電子書籍一覧
  4. 本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ|お目当て電子書籍一覧

本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ無料試し読みコーナー


海外のアパレル事業では国によって気候も顧客体型も異なり、日本と同じアイテム・サイズでは売れません。また組織作りや給与体制・商品企画開発から在庫の売り切り業務も違いがあります。本書では台湾進出後、即成果に繋げることができるよう準備の段階で台湾と日本の違いや海外事業の軸となる考え方を解説しています。また第5章「台湾アパレル事業を最短時間で軌道に乗せる8つのノウハウ」では、「組織作り」「優秀な人材の確保」「職場の規則」「商品開発」「商品調達」「販促活動」「店舗運営・管理」「ネット通販」について台湾事業で軌道に乗せるためのノウハウとして主な業務のキーワードをまとめています。【著者プロフィール】著者:新家 章秀1963年兵庫県神戸市出身大学卒業後、株式会社ワールドに入社し日本・台湾・香港のアパレル事業に約30年間携わる。約11年半台湾に出向し約8年間に二社の海外現地法人社長(董事総経理/ Managing Director )を歴任。〔台湾ワールド〔ワールド香港(WORLD HKG CO.,LTD. )4年間兼任〕3ブランド17店舗から11ブランド83店舗まで拡大させ台湾にて日系NO.1のシェアを獲得。現在はアジアコンサルティングス株式会社の代表コーディネーターとして台湾進出支援にて奮闘中。毎月1回コミュニティー活動「台湾ビジネス雑談会」を開催。
続き・・・



本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ「公式」はコチラから



本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ


>>>本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ評判


BookLive!(ブックライブ)の本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウあるある


漫画や書籍は、お店で触りだけ読んで購入するかどうかを判断する人が多いらしいです。ところが、ここ数年はBookLive「本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ」を利用して無料で試し読みして、それを買うのか買わないのか判断する人が多いようです。
売り場では、棚の問題で売り場に並べられる数に制約がありますが、BookLive「本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ」だったらそうした制限がないため、あまり一般的ではないタイトルも数多く用意されているのです。
移動している間も漫画をエンジョイしたいという人にとって、BookLive「本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ」ほど有用なものはありません。スマホというモバイルツールをカバンに入れておくだけで、手間をかけずに漫画に没頭することができます。
電子無料書籍をうまく活用すれば、わざわざ店頭まで足を運んで立ち読みなどをするといった面倒なことをしなくて済むようになります。そんなことをしなくても、「試し読み」することで中身のチェックを済ますことが可能だからです。
電子書籍も普通の書籍なんかと一緒で情報が商品ですから、気に入らなくても返品に応じて貰えません。だからこそ、ストーリーを確かめるためにも、無料漫画に目を通す方が良いですね。



ページの先頭へ