LowBEAT No.1無料試し読みコーナー


機械式腕時計の黄金期ともいわれている1960年代以前の名機に焦点を当て、その魅力を多角的に紹介する業界唯一のアンティークウオッチ専門誌です。その記念すべき第1号のメイン特集は、雑誌のタイトルにもなっている「ロービート」に焦点を当てた「ロービートはやっぱりいいね」。このロービートとは当時の腕時計に搭載されていたムーヴメント(駆動させる機械)の振動数に対して使われている言葉であり、アンティークウオッチの良さはまさに「ロービート」にあると言われるほど、愛好家の間では広く使われるキーワードのひとつです。そこで本特集では、なぜロービートがいいのかを三つの章に分けて紹介しています。第1章では「なぜ、ロービートがいいのか?」を日本のアンティークウオッチ業界を牽引する二人の重鎮、銀座シェルマン代表の磯貝吉秀氏とケアーズ代表の川瀬友和氏にプロの視点からその魅力について語ってもらいました。続く第2章では、そのメカニズムに触れ、そして第3章では、ロービートムーヴメントの最高峰と言われる名機を例に、その素晴らしさを別の角度から紹介しています。この特集以外にも当時主流だった二つのインダイアルを備えたクロノグラフをクローズアップした「2レジスタークロノの世界」や5人の愛好家の自慢の逸品を紹介する「愛好家自慢の逸品時計図鑑」。角型ムーヴメントを搭載した「魅惑のレクタングル」など、アンティークウオッチの素晴らしさを十分堪能できる、見て、そして読んで楽しい一冊です。
続き・・・



LowBEAT No.1無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.1「公式」はコチラから



LowBEAT No.1


>>>LowBEAT No.1の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.1評判


BookLive!(ブックライブ)のLowBEAT No.1支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもLowBEAT No.1電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもLowBEAT No.1の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもLowBEAT No.1支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、LowBEAT No.1の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいLowBEAT No.1が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなLowBEAT No.1電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.1あるある


テレビ放送されているものをリアルタイムで楽しむのは無理があると言う方でも、無料アニメ動画として視聴可能なものなら、各々の好きな時間に楽しむことだって簡単にできるのです。
人気の無料アニメ動画は、スマホでも楽しめます。近頃は子供だけではなく大人のアニメオタクも増える傾向にありますので、今後なお一層進化していくサービスだと言って間違いないでしょう。
BookLive「LowBEAT No.1」を使えば、部屋の隅っこに保管場所を用意する心配は不要です。欲しい本が発売されても書店へ行く手間を省くこともできます。このような利点のために、愛用者が増え続けているのです。
BookLive「LowBEAT No.1」は持ち運びに便利なスマホやタブレット端末で閲覧することができるわけです。1部分だけ試し読みをして、その本を買うかどうかを判断するという方が多いと聞いています。
漫画を購入するなら断然電子書籍という人が右肩上がりに増えています。カバンなどに入れて持ち歩くことも不要ですし、本を並べる場所も必要ないという特長があるからです。更に言えることは、無料コミック化されているものは、試し読みだって可能なのです。



ページの先頭へ