LowBEAT No.2無料試し読みコーナー


今号の表紙を飾る時計は、インターナショナル・ウオッチ・カンパニーのMark IX(マーク9)。現物はほとんど目にすることは不可能といわれるほど、とても珍しい幻の逸品です。そして今号の大特集は「自分だけの逸品を見つける旅」。海外のアンティークショップ取材を通して、その土地ならではのアンティークウオッチ事情を紹介しようというものです。第1回目の今回はフランス・パリを取材。パリ近郊にあるアンティークショップ6軒に加えて記事冒頭ではパリ在住で、レストランのシェフ兼オーナーでありながらも、なぜかアンティークウオッチの修理、販売も行うという何ともユニークな日本人、KENJIさんをクローズアップしました。また、この号ではアンティークウオッチビギナー向け企画として「アンダー30万円アンティークのすすめ」を特集。30万円以下の予算で、はたしてどのようなモデルが買えて、おすすめアンティークにはどのようなモノがあるのかなどを紹介しています。一方、ムーヴメントもすべて自社で製造する屈指のマニュファクチュールとして知られたジャガー・ルクルトが、他社に提供していたムーヴメント(エボーシュ)とそれを採用したブランドに焦点を置いたTHE SAME HEARTS「“ルクルト”ベースの名機たち」も時計好きの方には必見の企画です。連載企画マニュファクチュール・アーカイブ 第2回は、インターナショナル・ウオッチ・カンパニーが誇るぺラトン式自動巻き機構搭載ムーヴメントである、キャリバー85系ムーヴメントをフィーチャーしました。
続き・・・



LowBEAT No.2無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.2「公式」はコチラから



LowBEAT No.2


>>>LowBEAT No.2の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.2評判


BookLive!(ブックライブ)のLowBEAT No.2支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもLowBEAT No.2電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもLowBEAT No.2の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもLowBEAT No.2支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、LowBEAT No.2の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいLowBEAT No.2が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなLowBEAT No.2電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.2あるある


懐かしいコミックなど、店頭販売では注文しなければ買い求めることができない本も、BookLive「LowBEAT No.2」形態で様々販売されていますから、どんな場所でも買い求めて読めます。
漫画の通販ショップでは、原則表紙・タイトルの他、大ざっぱな内容しか見えてきません。だけどBookLive「LowBEAT No.2」の場合は、何ページかを試し読みすることもできるのです。
無料電子書籍さえあれば、暇で暇で時間が余って仕方ないなどということがなくなるのではないでしょうか?シフトの合間や通学の電車の中などでも、そこそこ楽しめること請け合いです。
サービス内容については、会社によってまちまちです。それ故、電子書籍をどこで購入するかというのは、比較して考えるべきだと思っています。適当に決定すると後悔します。
多種多様の本を耽読したいという読書家にとって、何冊も買うというのはお財布への負担が大きいものだと考えます。けれど読み放題ならば、購入代金を節約することも不可能ではありません。



ページの先頭へ