LowBEAT No.3無料試し読みコーナー


メイン特集は36ページもの大型企画「オメガ再考」です。時計ジャーナリスト、広田雅将氏の寄稿にはじまり、Part1ではオメガの傑作ムーヴメントをクローズアップ。手巻きの30ミリキャリバーにはじまり、自動巻き、そしてクロノグラフムーヴメントと歴代ムーヴメントの変還をたどりながらその魅力に迫ります。後半のPart2では、マニア垂涎のマスター3兄弟(シーマスター、レイルマスター、スピードマスター)が登場に至った歴史的背景と関係性、歴代モデルの変遷、そしてそれぞれの違いについて解説しています。そしてこの3兄弟が飾った今号の表紙も目玉のひとつです。この3本のファーストモデルが揃った写真はおそらく初!その意味でも貴重な一冊です。続いて中特集では、前号に引き続き「自分だけの逸品を見つける旅」第2回としてスイス・ジュネーブのアンティークショップを取材。毎号連載のマニュファクチュールブランド・アーカイブは「オールドロンジン」のムーヴメントを取り上げました。また、今号から「Dr 川瀬のメンテナンス道」が連載スタート。アンティークウオッチの販売だけでなくメンテナンスや修理にも長年携わってきたケアーズの川瀬友和氏が、アンティークウオッチのリペアで培ったメンテナンスやパーツのことについて初心者にもわかりやすく解説。アンティークウオッチ・ユーザーは必見です。
続き・・・



LowBEAT No.3無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.3「公式」はコチラから



LowBEAT No.3


>>>LowBEAT No.3の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.3評判


BookLive!(ブックライブ)のLowBEAT No.3支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもLowBEAT No.3電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもLowBEAT No.3の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもLowBEAT No.3支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、LowBEAT No.3の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいLowBEAT No.3が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなLowBEAT No.3電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.3あるある


人気の無料アニメ動画は、スマホでも視聴することができます。昔に比べて年齢層の高いアニメマニアも増加する傾向にありますから、この先一段と進展していくサービスだと言って間違いないでしょう。
利用している人が右肩上がりで増えているのが無料のBookLive「LowBEAT No.3」です。スマホで漫画を楽しむことが普通にできるので、面倒な思いをして書籍を携帯する必要もなく、外出時の荷物が少なくて済みます。
漫画というものは、読みつくしたあとに古本屋などに持ち込んでも、買い取り金額は微々たるものですし、再度読みたくなった時に大変です。無料コミックを活用すれば、本をしまっておく場所が不要なので片付けに悩むことがなくなります。
漫画と聞くと、若者の物という印象を持っているかもしれません。けれど近頃のBookLive「LowBEAT No.3」には、壮年期の人が「10代の頃を思い出す」という感想を漏らすような作品も数え切れないくらいあります。
仕事が忙しくてアニメを見るだけの余裕がないという社会人にとっては、無料アニメ動画が好都合です。オンタイムで見るという必要性はありませんので、空いている時間に見れるわけです。



ページの先頭へ