LowBEAT No.4無料試し読みコーナー


見所は41ページの大特集「オールドインターにぞっこん」です。オールドインターとは1930年代から70年代頃までのインターナショナル・ウォッチ・カンパニー(現IWC)のことで、実用性を重視した作りから、日常的にいまなお使えるアンティークとして愛好家の間では一目置かれる存在です。特集前半ではそんなオールドインターの人気の理由のひとつでもあるムーヴメントについて当時のキーマンであった、エルンスト・ヤコブ・ホムバーガーとアルバート・ペラトンの二人の開発者に焦点を当てながら、数多くの名ムーヴメントとともにその魅力を検証していきます。そして特集後半ではオールドインターの代表モデル、マークシリーズ、インヂュニア、アクアタイマー、ヨットクラブの4機種をクローズアップ。それぞれ歴代モデルの系譜や違いなど資料としても役立つ内容です。また、本誌第2号で特集したTHE SAME HEARTS「ルクルトベースの名機たち」に続く第2弾としてお届けする「バルジュー23、成功の理由」は、ロレックスやパテック フィリップといった名門メーカーからも採用されたクロノグラフムーヴメントの名機に焦点を当てました。好評連載企画のマニファクチュールブランド アーカイブ第4回は、かつて高級クロノグラフの名門ブランドとして知られた「ユニバーサル」の特集です。そして、前号からスタートした「Dr 川瀬のメンテナンス道」、今号のお題「風防」も見逃せません。
続き・・・



LowBEAT No.4無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.4「公式」はコチラから



LowBEAT No.4


>>>LowBEAT No.4の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.4評判


BookLive!(ブックライブ)のLowBEAT No.4支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもLowBEAT No.4電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもLowBEAT No.4の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもLowBEAT No.4支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、LowBEAT No.4の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいLowBEAT No.4が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなLowBEAT No.4電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.4あるある


BookLive「LowBEAT No.4」が中高年層に話題となっているのは、幼いころに何遍も読んだ漫画を、新鮮な気持ちで自由に閲覧できるからなのです。
ユーザー数が右肩上がりで増えているのがBookLive「LowBEAT No.4」の現状です。スマホを使って漫画を読むことが可能なわけですから、敢えて本を常時携帯することも不要で、出かける時の荷物を減らせます。
話題のタイトルも無料コミックだったら試し読みが可能です。スマホやタブレット上で読むことができますから、他人にバレたくないとか見られると気恥ずかしい漫画もコソコソと読めます。
コミックというものは、読んでしまってからブックオフのような買取店に売り払っても、わずかなお金にしかなりません、もう一度読み返したいと思ったときに再購入が必要となってしまいます。無料コミックであれば、収納スペースが不要なので片付けに困らないわけです。
利用料が月額固定のサイト、登録しなくても使用できるサイト、1冊1冊売っているサイト、無料の作品がいっぱいあるサイトなど、コミックサイトも何だかんだと違いがありますから、比較した方が賢明です。



ページの先頭へ