LowBEAT No.5無料試し読みコーナー


今号のメイン特集は「クロノグラフ大全」です。クロノグラフとはストップウオッチを装備した腕時計のこと。アンティークウオッチファンの間でもダントツの人気を誇ります。しかしながら、これまで1960年代以前のクロノグラフの全体像をしっかりとまとめた記事や本は、和書ではおそらく存在しておりません。それほど大きなテーマだけに、本誌では今号から第7号まで3号続けてクロノグラ大全をお届けします。今回はその第1章として「クロノグラフとは?」をテーマに歴史に軸をおいた構成です。クロノグラフの歴史と実用機構の進化の系譜をたどった年表や様々な時計の表情をつくる計測スケールの紹介。そして傑作として知られる15機種の手巻きクロノグラフムーヴメントの解説など貴重な資料となり得る充実した内容です。ほかにも最近、その値ごろ感から注目が高まっているロレックスの自動巻き傑作ムーヴメント、1000系、1500系を搭載するデイトジャストを中心としたスタンダードモデルを特集した「ヴィンテージロレをガンガン楽しもう」、ジャガー・ルクルトの「フルカレンダー付きモデル」をクローズアップした連載企画マニファクチュールブランド アーカイブ第5回。そして今号から4ページにパワーアップした川瀬友和氏の連載企画「メンテナンス道」のテーマ「ゼンマイ」など必見企画が目白押しです。
続き・・・



LowBEAT No.5無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.5「公式」はコチラから



LowBEAT No.5


>>>LowBEAT No.5の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.5評判


BookLive!(ブックライブ)のLowBEAT No.5支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもLowBEAT No.5電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもLowBEAT No.5の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもLowBEAT No.5支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、LowBEAT No.5の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいLowBEAT No.5が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなLowBEAT No.5電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.5あるある


物語のようなもう一つの世界に夢中になるのは、日々のストレス発散にめちゃくちゃ役に立つことが分かっています。深淵なメッセージ性を持ったストーリーよりも、シンプルで分かりやすい無料アニメ動画がおすすめです。
1冊ずつ本屋に立ち寄って買うのは不便です。だとしても、一気に買うというのは面白くなかったときにお財布へのダメージが甚大です。BookLive「LowBEAT No.5」は読む分だけ買えるので、その辺の心配が不要です。
「連載ものになっている漫画を読むことが好きだ」とおっしゃる方には不要です。だけども単行本が発売されてから買い求めるという方々からすると、買う前に無料漫画で概略をリサーチできるのは、本当に役立ちます。
「サービスの比較はせずに選んでしまった」と言う人からしたら、無料電子書籍はどれもほとんど似ているという認識を持っているのかもしれないですが、サービスの細かな点については運営会社毎に異なりますので、しっかりと比較することは大切です。
電子書籍のニードは、ますます高まりを見せている状態です。こうした状況下において、利用者が着実に増えているのが読み放題というプランです。支払料金を心配する必要がないのが一番の利点です。



ページの先頭へ