LowBEAT No.6無料試し読みコーナー


今号のメイン特集は5号に引き続き「クロノグラフ大全」の第2章です。第1章はそもそもクロノグラフウオッチとはどのようなものなのかをテーマに、歴史を軸に全体を俯瞰(ふかん)した内容でお届けしましたが、第2章ではクロノグラフ機構のメカニズムに焦点を置き、制御・伝達の仕組みや、メーカーによる違いなど図版を交えながらわかりやすく解説しています。なかでも、かつてロレックスのデイトナにも採用され、手巻きクロノグラフムーヴメントの名機として知られるバルジュー社のCal.72を実際に分解し、その仕組みを紹介するページはアンティークファンならずとも必見です。また、今回で3回目を迎える「自分だけの逸品を見つける旅」は、ドイツの東の端に位置する古都「ドレスデン」とドイツ時計産業の聖地でありチェコとの国境沿いにある山あいの町「グラスヒュッテ」を取材しました。第2次世界大戦に敗戦したため旧東ドイツとなったドレスデンとグラスヒュッテ。戦前、戦中はもちろん戦後の国営企業時代の時計など現地のショップで見つけた珍しいアンティークなどを紹介します。他にも、マニュファクチュールブランド アーカイブに代わる新連載企画「アンティーク解体新書 No.001」では、チュードルのサブマリーナを特集。12ページのボリュームに、歴代モデルの変遷を時系列に紹介するなど、資料的価値の高い内容は必見です。そして、今号の「Dr 川瀬のメンテナンス道」は「尾錠・革ベルト」がテーマです。
続き・・・



LowBEAT No.6無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.6「公式」はコチラから



LowBEAT No.6


>>>LowBEAT No.6の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.6評判


BookLive!(ブックライブ)のLowBEAT No.6支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもLowBEAT No.6電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもLowBEAT No.6の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもLowBEAT No.6支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、LowBEAT No.6の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいLowBEAT No.6が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなLowBEAT No.6電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.6あるある


物語のようなもう一つの世界にハマるというのは、ストレスを発散するのに半端なく有効です。小難しい物語よりも、明快な無料アニメ動画の方が効果的です。
昔のコミックなど、店頭では取り寄せてもらわなければ買い求めることができない本も、BookLive「LowBEAT No.6」という形態で多数販売されていますから、スマホのボタンを操作するだけで購入して閲覧できます。
買うかどうか判断に迷う作品があるようなら、BookLive「LowBEAT No.6」のサイトで料金不要の試し読みを有効利用することをおすすめしたいと思います。触りだけ読んでつまらないと思ったら、決済しなければ良いだけです。
「スマホの小さな画面だと迫力が半減するのでは?」と懸念する人もいますが、現実の上でBookLive「LowBEAT No.6」を買ってスマホで閲覧してみれば、その使いやすさに驚愕するはずです。
コミックブックと言えば、若者の物だと思っているかもしれないですね。けれども最新のBookLive「LowBEAT No.6」には、50代以降の方でも「昔を思いだす」と思えるような作品も豊富にあります。



ページの先頭へ