LowBEAT No.8無料試し読みコーナー


今号は三つの特集をお届けします。メイン特集はロレックスの「オイスター・パーペチュアル」。360度回転式ローター(扇形の錘)によってゼンマイを自動で巻き上げる世界初の腕時計として1931年に誕生した傑作機です。別名を「バブルバック」と呼びます。回転式ローターを納めるために、裏ブタが泡のように膨らんでいるため、そのフォルムから付けられました。近年はアンティーク市場での流通量もとても少ないうえ、市場価格も30万円台から100万円オーバーまでと幅広く、しかも専門の解説書も刊行されておらず、資料も乏しいため手を出しにくい存在となってしまいました。今回は、初心者でもわかるように、歴史、ムーヴメント(機械)、デザイン、そして購入指南と大きく四つを柱に構成。序章からデザインまでの3テーマでは、これまでの情報を整理しつつ、あらためて見直し全体像を検証してみました。四つ目の購入指南では、文字盤のリダンなど購入する際の注意点を初心者向けに解説しています。特集2では、今号と次号の2回に分けてお届けするダイバーズウオッチの特集です。水に潜れる本格的なダイバーズウオッチが登場してからおよそ60年。当時は防水性能を高めるためにかなりの技術を要しました。そのため開発にまつわる様々な逸話もダイバーズウオッチの魅力となっています。そこで今号はまず歴史編として、現代に至るまでに一体どのような歴史を積み重ねてきたのか、その歴史をひも解きます。特集3は、国産時計のパイオニアであるセイコー。機械式時計の分野において後発であった国産メーカーがスイス腕時計を凌駕する実力を発揮しはじめたのは1960年代に入ってからのことです。今回は、この時期に展開され、グランドセイコーとともに大きな人気を博したキングセイコーの魅力を探ります。
続き・・・



LowBEAT No.8無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.8「公式」はコチラから



LowBEAT No.8


>>>LowBEAT No.8の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.8評判


BookLive!(ブックライブ)のLowBEAT No.8支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもLowBEAT No.8電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもLowBEAT No.8の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもLowBEAT No.8支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、LowBEAT No.8の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいLowBEAT No.8が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなLowBEAT No.8電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.8あるある


スマホで電子書籍を買えば、バスでの移動中やブレイクタイムなど、どんなところでも楽しめます。立ち読みもできるようになっていますから、本屋に行く必要など皆無です。
1冊ごとに本屋に立ち寄って買うのは面倒なことです。だとしましても、一気にドカンと買うのは内容に不満が残った時の金銭的なダメージが大きすぎます。BookLive「LowBEAT No.8」なら一冊ずつ買うことができるので、その辺の心配が不要です。
漫画本などの書籍を買い求めるときには、ちょっとだけ内容をチェックした上で決める人の方が圧倒的多数です。無料コミックなら、立ち読み同様内容を見ることができるのです。
さくっとDLして読み進めることができるのが、無料電子書籍の良いところです。販売店まで訪ねて行く必要も、ネットで買い求めた書籍を配達してもらう必要もないというわけです。
電子書籍も普通の書籍なんかと一緒で情報そのものが商品であるわけなので、期待外れな内容でも返品はできないのです。なので自分に合うかを確かめるためにも、無料漫画を閲覧することを推奨します。



ページの先頭へ