LowBEAT No.10無料試し読みコーナー


今号は、発刊5周年を記念して32ページの増ページでお届けする特大号です。巻頭ではその記念企画として「毎日使えるアンティーク時計」をテーマに、読者や本誌に登場してくれた、あるいは連載コラムを担当するアンティーク愛好家。そして時計ジャーナリスト兼時計専門誌クロノス編集長の広田雅将氏ほか業界の専門家など、いつもロービートを支えてくれているみなさんが選んだムーヴメント25機を紹介。なぜ支持されるのか、その理由を購入ポイントなども交えながら解説します。まさにビギナーも必見です。また、本誌初企画となるスポーツ系ロレックスの記事「1500系キャリバー搭載 サブマリーナ」は、自動巻きムーヴメントの傑作といわれるCal.1530から始まる1500系のムーヴメントを搭載した1960年代のサブマリーナに焦点を当てた特集。1500系はなぜ傑作と言われるのか。そして、当時販売されていた3種類のサブマリーナについてもその違いや特徴、歴史的経緯などを詳細に解説します。前号から続くミリタリーウオッチの中特集、2回目はいまでも使える軍用時計として最も有名な「イギリス軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.05「モバード」やDr.川瀬のメンテナンス道「ブレスレット」などの連載企画も必見です。
続き・・・



LowBEAT No.10無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.10「公式」はコチラから



LowBEAT No.10


>>>LowBEAT No.10の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.10評判


BookLive!(ブックライブ)のLowBEAT No.10支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもLowBEAT No.10電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもLowBEAT No.10の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもLowBEAT No.10支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、LowBEAT No.10の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいLowBEAT No.10が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなLowBEAT No.10電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.10あるある


物語という別世界に夢中になるのは、リフレッシュするのに物凄く役に立ってくれます。ややこしいストーリーよりも、単純で分かりやすい無料アニメ動画などの方が有効だと言えます。
電子書籍も一般的な書籍と同じで情報が商品なので、内容が微妙でも返品することはできません。ですから内容をチェックするためにも、無料漫画に目を通すことをおすすめします。
アニメが何より好きな方から見ると、無料アニメ動画はある種革命的なサービスです。スマホを持ってさえいれば、好きな時間にウォッチすることができるわけです。
「どこのサイト経由で書籍を購入するか?」というのは、想像以上に重要な事です。購入代金とかサービスなどにそれぞれ特徴があるので、電子書籍は比較して選ばないとならないと考えています。
利用する人が急増しているのが無料のBookLive「LowBEAT No.10」です。スマホで漫画を楽しむことが手軽にできるので、場所をとる本を持ち歩く必要もなく、カバンの中の荷物を減らすことができます。



ページの先頭へ