オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]無料試し読みコーナー


アンティークウオッチの傑作ムーヴメントがわかる!全4回シリーズ。1960年代以前に作られたアンティークの機械式腕時計。その心臓部である機械式ムーヴメントは、緻密でメーカーごとの独自性がはっきりとわかることから、愛好家が最も重用視する部分です。本書は、1900年代初頭から腕時計用としてスイスを中心に作られた機械(ムーヴメント)を、メーカーごとに、そのヒストリーや特徴、そして歴代キャリバー(型式番号)の系譜を簡潔にまとめ、時計専門誌「パワーウオッチ」に掲載された32ページの特集(第4回ロレックス編のみ16ページ)をデジタルBOOK化したものです。第1回「マニュファクチュール編」は、れっきとしたウオッチブランドながらムーヴメントも自社開発する実力メーカー、パテック フィリップ、ロンジン、IWCなどを紹介します。第2回「インディペンデント&デファクト系メーカー編」は、第1回で取り上げたメーカーほどではないものの、当時は自社でムーヴメントを開発し、自社ブランドの時計も展開していた独立系メーカー、モバードやユニバーサルなどです。第3回「エボーシュSA編」は、時計メーカーに供給する、いわゆる汎用ムーヴメントを製造していたムーヴメントメーカーです。そのなかでも歴史に名だたるメーカーが参加していた団体「エボーシュSA」の各メーカーにスポットライトを当てました。クロノグラフの傑作バルジューやヴィーナスなど。そして第4回は、言わずと知れた自動巻きムーヴメントの雄「ロレックス編」です。自動巻きのベースとなった手巻き式ムーヴメントからバブルバックに搭載された世界初の全回転ローター式ムーヴメント、そしてロレックス躍進の原動力となったCal.1000系、Cal.1500系自動巻きムーヴメントまでを紹介します。
続き・・・



オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]「公式」はコチラから



オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]


>>>オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]評判


BookLive!(ブックライブ)のオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]あるある


コミックサイトは1つしかないというわけではないのです。それらのサイトを面倒くさがらずに比較して、自分にぴったりのものを選ぶことが必要だと言えます。そうすれば良いサイトを見つけることができるでしょう。
読んでみたら「想像よりもつまらない内容だった」と悔やんでも、一度開封してしまった本は返品できません。でも電子書籍なら先に試し読みすることが可能なので、こうした失敗を防ぐことができるのです。
スマホを持っている人なら、スグにコミックにどっぷり浸ることができるのが、コミックサイトの強みです。1冊毎に購入するスタイルのサイトや月額課金制のサイトなど様々です。
老眼が進んで、近くの物が見えにくくなってしまったという活字中毒症の高齢者にとって、スマホで電子書籍が閲覧できるようになったというのは画期的なのです。フォントサイズを自分用に調節できるからです。
1冊1冊書店で買い求めるのは時間の無駄遣いとなります。とは言いましても、まとめて購入するのは面白くもなんともなかった時のお財布への負担が大きすぎます。BookLive「オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]」は都度買うことができるので、その辺の心配が不要です。



ページの先頭へ