病気じゃないからほっといて無料試し読みコーナー


「私は病気ではない!」と治療をこばむ統合失調症をもつ人に、どうすれば治療を受け入れてもらえるのか。その答えが新たなコミュニケーション技法LEAPである。LEAPとは、Listen(傾聴)、Empathy(共感)、Agree(一致)、Partnership(協力関係)の頭字語である。治療をこばむ人の話を傾聴し、共感を示し、同意し一致点を見つけ、協力関係をつくることで、治療を受け入れてもらえるようになる。本書は、LEAPの用い方を詳しく解説する。LEAPにより、治療を拒否する人も、必要な治療や援助を受け入れ、その人なりの人生の目標に向かって歩むことが可能になる。本書の初版は、2000年に米国で出版され、2004年に日本語訳が出版された(『私は病気ではない』星和書店刊)。本書は、初版の内容を大幅に充実させた10周年改訂版の翻訳である。重度の精神疾患をもった人への我が国における治療と支援の取り組みが充実し、再入院が減少し、ご本人やご家族の目標達成に役立つことを願って本書が翻訳出版された。
続き・・・



病気じゃないからほっといて無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


病気じゃないからほっといて「公式」はコチラから



病気じゃないからほっといて


>>>病気じゃないからほっといての詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)病気じゃないからほっといて評判


BookLive!(ブックライブ)の病気じゃないからほっといて支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも病気じゃないからほっといて電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも病気じゃないからほっといての料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも病気じゃないからほっといて支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、病気じゃないからほっといての冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい病気じゃないからほっといてが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな病気じゃないからほっといて電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)病気じゃないからほっといてあるある


いつも持ち歩くスマホに購入する漫画を全てDLするようにすれば、しまう場所について気に掛ける必要が一切ありません。とりあえずは無料コミックから閲覧してみた方が良いと思います。
バスに乗っている時も漫画に没頭したいといった人にとって、BookLive「病気じゃないからほっといて」ほど便利なものはないのではと思います。スマホを一つカバンに入れておくだけで、楽々漫画が楽しめます。
コミックの購買者数は、ここ何年も少なくなっている状態です。古くからのマーケティングに捉われることなく、直接的には利益にならない無料漫画などを広めることで、新規利用者数の増大を狙っているのです。
欲しい漫画は諸々あるけれど、手に入れても収納場所を確保できないという人は大勢います。そんな理由から、収納場所に気を取られなくて良いBookLive「病気じゃないからほっといて」の評判が高まってきたのです。
漫画好きな人には、コミックサイトが便利です。購入する際の決済も楽々ですし、新たに出版されるコミックを買い求めたいがために、その都度ショップで予約をすることも不要になります。



ページの先頭へ