現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]無料試し読みコーナー


【WordPressの多彩なテクニックが満載!“あれどうやるの?”がすぐに解決!】WordPressの機能をひととおり理解しても、いざ自分でサイトをつくろうとすると「ここはどうすればよいのだろう?」と悩んでしまうものです。本書はそのような悩みを解決するために、WordPressでのサイト制作によく使われる手法を目的別にまとめたテクニック集です。「メインナビゲーションを設置する」「検索機能を導入する」「カスタム投稿タイプでスタッフ紹介ページをつくる」などのWordPressの基本テクニックに加え、「上部固定ナビゲーションにする」「タブインターフェイスを導入する」「Pinterest風のレイアウトにする」といった一歩進んだカスタマイズの手法も数多く掲載しています。汎用性を重視した手法を本書専用のサンプルテーマに基づいて解説していますので、実際に動作を試しながら解説内容を理解できます。また、レスポンシブWebデザインにも対応していますので、掲載テクニックはPCだけでなくスマートフォンへの対応も踏まえたものになっています。待望のWordPress最新版に対応した、現場のメソッドがぎっしり詰まった定番の一冊です。〈本書の内容〉・Part1 テーマの準備サンプルテーマを組み込み/テンプレート構造/各ページ紹介/サンプルサイトの投稿タイプと機能 etc.・Part2 WordPressサイトの基本構築ループでのコンテンツを表示/メインナビゲーション/カスタムヘッダー/パンくずリスト/サブナビゲーション/サイトマップ/検索機能/404ページ/アイキャッチ/コメント機能/お問い合わせフォーム/Googleマップ/カスタムフィールド/カスタム投稿タイプ etc.・Part3 多彩なカスタマイズ基本SEO&SMO対策/トップページの表示情報を固定ページで管理/OGPの設定/SNSボタンを表示/SNSウィジェットの埋め込み/記事投稿をSNSで発信/コメント欄をFacebookと連携/Infinite Scroll/スライドショー/タブ/Lightbox/写真ギャラリー/上部固定ナビゲーション/Pinterst風レイアウト/ページトップへ戻るボタン/動画埋め込み/ドロワーメニュー/表組み etc.
続き・・・



現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]「公式」はコチラから



現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]


>>>現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]評判


BookLive!(ブックライブ)の現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]あるある


コミックを購読する際には、BookLive「現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]」上で簡単に試し読みしるというのがおすすめです。ストーリー内容や人物などのビジュアルを、支払前に見ることができます。
「本棚が漫画で溢れている状態で置き場所がないから、購入するのを諦める」という事態に陥らないのが、BookLive「現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]」が支持される理由です。たくさん買ってしまっても、片づける場所を考える必要がありません。
お店にはないような少し前の作品も、電子書籍なら販売しています。無料コミックのラインナップには、アラフィフ世代が幼い頃に満喫した漫画もあったりします。
「比較は一切せずに決定してしまった」というような方は、無料電子書籍はどこも内容が同じという認識なのかもしれないですが、サービス内容に関しましては提供会社によって異なりますから、比較してみることは大切です。
スマホがたった1台あれば、好きな時に漫画漬けになることが可能なのが、コミックサイトの強みです。買うのは単冊ごとというタイプのサイトや月額固定性のサイトなどに分かれます。



ページの先頭へ