終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~無料試し読みコーナー


あなたは、「どうして、売れないのか?」「なぜ、売れるのか」を、きちんと学んだことがありますか?本書は、顧客の関心事に沿った「シナリオ作成」、心理学を応用した「質問力」「洞察力」の強化による応酬話法を構築し、訪問目的を達成する『売れる営業マン』になるための究極の指南書です。洞察力×質問力×人間力で『本当の営業力』が身につき、さらに心理学を活用することによって、社内の良質なコミュニケーション構築と信頼関係構築にて、『組織営業力』を強化させることもできます。顧客に尊敬される営業を目指す営業マンや、組織をまとめるリーダー・マネージャーさらに経営者にも参考になる内容ですので、ぜひ読んでいただければ幸いです。【著者プロフィール】著者:諸富 誠治1954年生まれ。大学卒業後、事務機メーカーに入社、国内営業を経験後、英国留学、その後米国、シンガポール、オランダなど約23年間海外にて営業、経営に携わる。米国ロスにてリージョナルアドミニストレーター、NJ本社では副社長を歴任。米国販売の楚を築く。シンガポールでは販売会社社長としてアジア通貨危機の中、業績を飛躍的に改善、売上を7年間で180%伸ばす。欧州では統括販社副社長としてERPシステム構築、商流変更、SCM構築による物流統合を遂げ、日本経済新聞にも大きく掲載される。京セラドキュメントソリューションズ(株)を経て国内販売会社の常務取締役にてリーマンショック直後から経費、原価のコントロール、ソリューション販売を進め、適正価格での販売に転換し、売上、利益拡大を実現した。2015年年より同社顧問、2016年4月より(株)BC&M代表取締役会長
続き・・・



終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~「公式」はコチラから



終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~


>>>終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~評判


BookLive!(ブックライブ)の終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~あるある


本を通販で買う時には、基本として表紙・タイトルの他、さらっとした内容のみが分かるだけです。ところがBookLive「終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~」を使えば、冒頭部分を試し読みで確かめることが可能です。
買うより先にある程度中身を知ることが可能なら、読んでから悔やまなくて済みます。普通の書店で立ち読みをするのと同じように、BookLive「終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~」におきましても試し読みを行なえば、漫画の中身を確かめられます。
漫画が好きだという人からすると、保管用としての単行本は値打ちがあるということは認識していますが、読めるだけで満足という人であれば、スマホで読めるBookLive「終極の営業術 ~顧客の心理に入り込み、売れるストーリーでクロージングする!~」の方が重宝します。
電子書籍ビジネスには様々な企業が進出してきているので、しっかりと比較してから「どの電子書籍をチョイスするのか?」を決定するようにしたいものです。多くの書籍を扱っているかとか価格、サービス内容などを吟味することを推奨します。
コミックサイトの一番の利点は、扱っている冊数が本屋とは比較できないくらい多いということだと考えられます。売れ残る心配がいらないので、多数のタイトルを揃えられるというわけです。



ページの先頭へ