どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~無料試し読みコーナー


教え方を強化したい、教え上手になりたい方必見!人にものを教えるって難しいですよね。なぜ難しいのか? 理由は2つです。1つは、自分自身が伝え方を知らないから。もう1つは、相手を見なければならないから。この2つが複雑に絡み合うから、教えるのは難しいのです。本書では、伝わる説明が簡単にできる「5つの質問」と、相手に合わせた教え方ができる「タイプ別教え方」を軸に、教えるコツを多数ご紹介。誰でもできる簡単なコツ満載です。学習障がいや不登校など、どんな生徒でも成績を伸ばし、第一志望合格を導いてきた学習アドバイザーの人を伸ばす秘密のコツも多数収録。あなたの教え方がレベルアップする一冊です。【著者プロフィール】著者:佐々木恵1987年神奈川生まれ。大手個別指導塾での塾講師歴6年、家庭教師歴6年を経て、100名以上の中高生を指導。勉強が嫌い、苦手な中高生の指導に定評があり、一回の指導で定期試験の得点が30点アップすることも珍しくない。現代の子どもたちに社会で生きていくために必要な自信を培ってもらうことを目標に、その子の性格や特性を分析し、その子に合った勉強法を提案し、個別授業を展開している。
続き・・・



どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~「公式」はコチラから



どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~


>>>どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~評判


BookLive!(ブックライブ)のどんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもどんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもどんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもどんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいどんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなどんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~あるある


スマホを介して電子書籍を入手すれば、職場までの移動中や休憩時間など、ちょっとした時間に堪能することができます。立ち読みもできてしまうので、売り場に行くことは不要です。
一般的な書店では、商品である漫画を立ち読みできないように、シュリンクをするのが普通です。BookLive「どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~」の場合は最初の部分を試し読みできるので、内容を確認してから買うことができます。
最新刊が出版されるたびに書店で買い求めるのは面倒ですよね。とは言いましても、まとめて購入するのは面白くもなんともなかった時の費用的・心理的ダメージが大きいです。BookLive「どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~」なら個別に購入できて、失敗する確率も低いと言えます。
スマホを使っているなら、BookLive「どんな人にもピン!とくる教え方のコツ ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~」を手軽に楽しめるのです。ベッドでくつろぎながら、眠りに就くまでのリラックスタイムに読むという人が多いのだそうです。
コミックサイトもいっぱい運営されていますので、比較検討して使い勝手の良さそうなものをピックアップすることが大事になってきます。そんなわけですから、いの一番にそれぞれのサイトの長所を認識するようにしましょう。



ページの先頭へ