macOS Sierra パーフェクトマニュアル無料試し読みコーナー


※本書は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。なお、実際のサービスのインターフェースが変更され、本書内の解説と実際の画面が異なることがありますので、ご了承ください。2016年にリリースされたmacOS Sierraは、OS Xとしての通算バージョン10.12となります。名称OS XからmacOSとなったSierraですが、大きな機能追加はないももの、iCloudを中心とした全般的な機能強化が図られています。 新しい目玉機能は、やはりSiriの搭載です。iPhoneなどのiOSデバイスではおなじみのSiriは、単なる音声による検索機能ではありません。Mac内のファイルを検索する、iTunesで指定したアーティストや曲名の音楽を再生する、指定した場所から場所への道順をMapで表示する。指定した日付の予定をカレンダーに追加する。さまざまな操作を、Macに話しかけるだけで実現します。たったひとつの追加機能ですが、そのポテンシャルは想像以上のものと言えるでしょう。iCloudとの連係も強化されています。「書類」フォルダと「デスクトップ」のファイルのiCloud Driveへの同期が可能になりました。iCloudの容量の関係もあり、無償サービス内で利用するには活用方法を工夫する必要がありますが、Macで保存したファイルがそのままiCloudに保存され、他のMacやPC、iOSデバイスですぐに利用できるのはたいへん便利です。また、iCloudを経由して、MacとiOSデバイス間でテキストや画像のコピー&ペーストが可能になりました。iPhoneで受信したメールの一部をMacで使ったり、Macで調べたことをiPhoneに貼り付けたりと、意外に使う場面が多い機能かもしれません。Macは、どんなユーザーも直感的な操作で扱える優れたパソコンです。そのため、自己流の使い方に慣れてしまい、もっと便利な使い方があることを知らずにいるユーザーも少なくありません。 基本的な操作を再度見直せば、知らなかった機能や使い方を発見し、さらに便利に利用できるはずです。 本書は、macOS Sierraの新機能も含めて、Finderや日本語入力などのMacの基本的な使い方、標準搭載しているアプリの使い方、インターネットへの接続方法、 他のMacとの接続、TimeMachineによるバックアップなどの読者が知りたいであろうことを16分野に分けて、簡潔に豊富な図版を使って説明しています。この本を手に取った皆様が、macOS Sierraを使いこなすのに、ほんの少しでもお手伝いができたら幸いです。(本書「はじめに」より)
続き・・・



macOS Sierra パーフェクトマニュアル無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


macOS Sierra パーフェクトマニュアル「公式」はコチラから



macOS Sierra パーフェクトマニュアル


>>>macOS Sierra パーフェクトマニュアルの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)macOS Sierra パーフェクトマニュアル評判


BookLive!(ブックライブ)のmacOS Sierra パーフェクトマニュアル支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもmacOS Sierra パーフェクトマニュアル電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもmacOS Sierra パーフェクトマニュアルの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもmacOS Sierra パーフェクトマニュアル支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、macOS Sierra パーフェクトマニュアルの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいmacOS Sierra パーフェクトマニュアルが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなmacOS Sierra パーフェクトマニュアル電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)macOS Sierra パーフェクトマニュアルあるある


ユーザーが飛躍的に増加してきているのが今話題のコミックサイトです。ちょっと前までは単行本を買うという人が大半でしたが、手軽な電子書籍として買って閲覧するという利用者が増えているようです。
マンガの購読者数は、毎年のように縮減している状況なのです。他社と同じような販売戦略に見切りをつけて、あえて無料漫画などを展開することで、利用者数の増加を企図しています。
月額の料金が一定のサイト、登録しなくても見れるサイト、1冊毎購入が必要なサイト、無料作品が豊富なサイトなど、コミックサイトもそれぞれ違いが見受けられますので、比較した方が良いでしょう。
昔は単行本を購読していたという人も、電子書籍を利用し始めた途端、便利過ぎて戻れないということが多いとのことです。コミックサイトも色々ありますので、是が非でも比較してから選ぶようにしましょう。
今流行りの無料アニメ動画は、スマホでも楽しめます。昔に比べてアラサー、アラフォー世代のアニメマニアも増加傾向にあることから、これからますます技術革新がなされていくサービスだと言っても良いでしょう。



ページの先頭へ