沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―無料試し読みコーナー


【SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!】Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を解説した実用入門書。謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える特別解説(約100ページ)を加えました。特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。Webサイトやブログの記事だけではなく、ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!〈あらすじ〉須原にある温泉旅館「みやび屋」。若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。男の名は「ボーン・片桐」。重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……!? いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!〈ストーリー 目次〉EPISODE 01 SEOライティングの鼓動EPISODE 02 解き放たれたUSPEPISODE 03 リライトと推敲の狭間にEPISODE 04 愛と論理のオウンドメディアEPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュEPISODE 06 嵐を呼ぶインタビューEPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・!!エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし〈特別解説 目次〉 ※書籍書き下ろし○SEOを意識したコンテンツを作るカギ○「USP」を最大限に活かすコンテンツ○わかりやすい文章を書くためのポイント○論理的思考をSEOに結び付ける○オウンドメディアに必要なSEO思考○SEOに強いライターの育成法○バズにつながるコンテンツ作成のコツ
続き・・・



沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―「公式」はコチラから



沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―


>>>沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―評判


BookLive!(ブックライブ)の沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―あるある


テレビで放映中のものを毎週見るのは厳しいものがありますが、無料アニメ動画として視聴可能なものなら、銘々の都合の良い時間帯に楽しむことも叶うのです。
殆どの書籍は返品は認められないので、内容を確かめてから買いたい人には、試し読みが許される無料電子書籍はすごく重宝すると思います。漫画も内容を見てから入手できます。
その日を効率的に過ごしたいとおっしゃるなら、空き時間を上手に活用することが必要です。アニメ動画の視聴くらいは移動時であってもできるので、この様な時間を効果的に使うのがおすすめです。
あらゆるサービスを追い抜く形で、このように無料電子書籍サービスが広がりを見せている要因としては、町の書店が減る一方であるということが指摘されているようです。
スマホを使用して電子書籍を入手すれば、移動中やブレイクタイムなど、好きな時間に読めます。立ち読みもできるため、書店に立ち寄ることは不要なのです。



ページの先頭へ