1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)無料試し読みコーナー


今日、日韓問題を語る上で常に議題となる「日韓併合」。本書を読むと、そこに到らざるを得なかった当時の朝鮮半島情勢が手に取るように分かる。米国心理学会の第2代会長であるイェール大学教授(哲学・心理学)のジョージ・トランブル・ラッド博士(1842-1921)が、伊藤博文初代統監と共に1907年、日韓併合前の朝鮮を訪問し、当時の実情をありありと記録した貴重な一次資料である(日本で初翻訳、対訳本)。1900年代初め、帝国主義の時代。宗主国であった清の弱体化に伴い、ロシアが虎視眈々と朝鮮半島への侵出を狙っていた。日本の穏健派の指導者、伊藤博文初代統監は、何とか腐敗した朝鮮を立て直し、人民の生活を向上発展させようと、一心に思案努力していたが、伊藤統監の招きで、1907年、朝鮮半島を訪れたのが、ジョージ・T・ラッド博士であった。ラッド博士は、1907年3月から5月まで朝鮮半島を旅し、人々に講演をして教育に関する啓蒙活動を行なうかたわら、第二次日韓協約が締結されるまでの朝鮮の皇帝や臣下たちとの伊藤博文の粘り強い交渉の様子など近くで見る機会を得た。そして、伊藤統監の朝鮮へかける思いに心打たれ、その様子をつぶさに記録し、アメリカに帰国後ニューヨーク・タイムズなどに記事を投稿。1908年、米ニューヨークで、本書の原書である『IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)』を出版した。ラット博士は、アメリカや日本で心理学の発展に貢献した学者であるが、1907年、日本への貢献から外国人初の旭日中綬章(勲三等)を受賞している。本書の題名である1907年の2年後の1909年、伊藤博文が暗殺され、日韓併合へと時代は急展開していく。本書は、日韓併合の直前の朝鮮を、ドキュメンタリー映画のように、生々しく伝えている。
続き・・・



1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)「公式」はコチラから



1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)


>>>1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)評判


BookLive!(ブックライブ)の1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)あるある


アニメが大好きな方にしてみれば無料アニメ動画と言いますのはある種革命的なコンテンツなのです。スマホを所持してさえいれば、好きな時間に観賞することが可能なのです。
なるべく物を持たないという考え方が多くの人に受け入れてもらえるようになった今日この頃、本も例外でなく冊子本という形で所持することなく、BookLive「1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)」を活用して閲覧する方が増加しつつあります。
普通の本屋では、展示スペースの関係で置くことができる本の数が限られてしまいますが、BookLive「1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)」という形態であればこんな類の問題がないため、アングラな作品も販売できるのです。
多くの書店では、陳列している漫画を立ち読みされないようにするために、ビニールで包むというのが普通だと言えます。BookLive「1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)」を有効活用すれば試し読みというサービスがあるので、あらすじを確かめてから買うか判断できます。
長い間単行本を購読していたというような方も、電子書籍に乗り換えた途端に、便利過ぎて戻れないということがほとんどだそうです。コミックサイトも多々ありますから、面倒くさがらずに比較してから1つに絞りましょう。



ページの先頭へ