10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック無料試し読みコーナー


【プロみたいなホームページが無料でかんたんにできる!】本書は、オンラインホームページ作成サービス「Jimdo(ジンドゥー)」を使ったホームページの作り方を伝える初心者向けの解説書です。2014年8月に大規模リニューアルを行ったJimdoの新UIに対応しています。ドイツで誕生したJimdoは、ビジネスユース・個人ユースを問わず幅広く利用されており、全世界で1,000万以上のホームページがJimdoで作成されています。本書の構成は、Introduction+10章の解説記事を順を追って読み進めて行くことで、Jimdoでのホームページ作成に必要なひと通りのノウハウが、10日間で身につくものとなっています。なお、本書のサンプルサイトで使用している素材(テキスト・写真)はダウンロード提供を行っています。これからホームページ作成にチャレンジしたい方、すでに公開しているホームページをより良くしたい方に最適の1冊です。〈おもな内容〉■Introduction ホームページを作る前に■CHAPTER 1 ホームページの完成形をイメージしよう■CHAPTER 2 Jimdoに登録しよう■CHAPTER 3 ホームページに使う素材を用意しよう■CHAPTER 4 ページを作ってみよう■CHAPTER 5 ヘッダーとフッターを編集しよう■CHAPTER 6 文章とレイアウトを見直してみよう■CHAPTER 7 写真やイラストを活用しよう■CHAPTER 8 SNSやブログと連携しよう■CHAPTER 9 ホームページを更新・運営しよう■CHAPTER 10 アクセスを増やそう付録:ホームページ作りに役立つ素材サイト&便利ツール付録:用語索引
続き・・・



10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック「公式」はコチラから



10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック


>>>10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブックの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック評判


BookLive!(ブックライブ)の10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブックの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブックの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブックが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブックあるある


漫画雑誌と言えば、「10代向けに作られたもの」というイメージがあるかもしれません。だけれどこのところのBookLive「10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック」には、お母さん・お父さん世代が「思い出深い」とおっしゃるような作品も複数あります。
物語という別世界を堪能するのは、ストレス発散にとても役に立つのです。深いメッセージ性を持ったストーリーよりも、簡単で分かりやすい無料アニメ動画の方が良いでしょう。
無料漫画と申しますのは、本屋での立ち読みと同様なものだと言って間違いありません。どんな本なのかをそこそこ理解した上で買うことができるので、ユーザーも安心できると思います。
本や漫画類は、お店で触りだけ読んで買うか買わないかを判断する人が大半です。ただ、今日日はBookLive「10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック」のサイト経由で最初の巻だけ読んで、その書籍を買うのか買わないのかを決める人が多いのです。
ここに来て、電子書籍業界では今までになかった「読み放題」というサービスが登場し人気急上昇中です。1冊単位でいくらというのではなく、ひと月いくらという料金収受方式を採っているのです。



ページの先頭へ