神道大辞典 第二巻無料試し読みコーナー


神道を学びたい方に必須の名著。『神道大辞典』は昭和12年(1937年)から15年(1940年)にかけて平凡社より出版された神道に関する辞典(全3巻)。計1700頁の大作で皇紀2600年(昭和15年)の祝典記念として刊行された。古典的文献、祭祀や神社の由来、用語の解説など多岐にわたり、貴重な写真や図と共に収められている。出版にあたり当時の平凡社社長であった下中弥三郎氏は、序文で、出版意義を次のように述べている。郷村には必ず神社があり、祭が行なわれている。しかし、その祭神が何であるか、その由緒は、となると、明白ではない。国民にも、精神の指導の立場にある人々にすら認識が極めて不十分である。しかし、その事実を咎める前に、外国文化の吸収に急なるがために、神道研究に関して怠ってこなかったか、を考えてみなくてはならない。仏教、キリスト教に関しては膨大に大辞典が刊行されているにも関わらず、神道に関しては、同社(平凡社)が出版した山川鵜市氏著の『神祇辞典』のみで、好著であるものの規模が小さい為、改めて大辞典を関係各位の協力を得て、出版するに至った。(内容要約)なお本書は分冊版中の一巻であり、内容は三冊合体本版収録のものと同等である。国立国会図書館が所蔵し、国会図書館デジタルコレクションとしてインターネット上に公開している資料を元に、画像を補正などし、利便性を高めるため目次を付した。オリジナルの紙の書籍は極めて入手困難だが、電子書籍化により、この名著が広く活用され、日本文化や神道の理解の一助になれば幸いである。※本製品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むのに適しています。文字だけの拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。
続き・・・



神道大辞典 第二巻無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


神道大辞典 第二巻「公式」はコチラから



神道大辞典 第二巻


>>>神道大辞典 第二巻の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)神道大辞典 第二巻評判


BookLive!(ブックライブ)の神道大辞典 第二巻支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも神道大辞典 第二巻電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも神道大辞典 第二巻の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも神道大辞典 第二巻支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、神道大辞典 第二巻の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい神道大辞典 第二巻が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな神道大辞典 第二巻電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)神道大辞典 第二巻あるある


ユーザーがいきなり増加してきたのが、このところのBookLive「神道大辞典 第二巻」です。スマホで漫画をエンジョイすることが可能ですから、かさばる本を持ち歩くことも不要で、手荷物を減らすことができます。
毎月の本代は、1冊1冊の単価で見れば安いと言えますが、好きなだけ買っていれば、毎月の支払は嵩むことになってしまいます。読み放題でしたら固定料金なので、出費を抑えられます。
電子書籍も普通の漫画と同じで情報そのものが商品なので、自分に合わない内容でも返品は不可となっています。だからこそ、ストーリーを確認するためにも、無料漫画を読むことが大事になります。
漫画や書籍を買い集めていくと、後々収納スペースがいっぱいになるという問題が生じます。だけれどDL形式のBookLive「神道大辞典 第二巻」であれば、保管に苦労することは一切ないので、収納などを考えることなく楽しめる事請け合いです。
無料電子書籍を適宜活用すれば、わざわざ店頭まで足を運んで内容を見る必要がなくなります。そういったことをせずとも、「試し読み」で内容の確認が可能だからです。



ページの先頭へ