1. 目当ての電子書籍をもっと簡単に見つける。|電子書籍ストア「BookLive(ブックライブ)」
  2. BookLive!ラインナップ一覧4|お目当て電子書籍一覧
  3. ブックライブ作品8|お目当て電子書籍一覧
  4. ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法|お目当て電子書籍一覧

ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法無料試し読みコーナー


【コンセプトアーティスト3名による国内初の本格的技法書!】本書は、『キャプテンハーロック』『ファイナルファンタジーXI』『ドラゴンクエストX オンライン』『メタルギア ライジング リベンジェンス』などで活躍中のコンセプトアーティスト3名による、国内初の本格的技法解説書。コンセプトアーティストは、ゲームや映画の世界観づくりに欠かせない、ビジュアルコンセプトを担うプロフェッショナルです。本書では、富安健一郎(株式会社INEI)、上野拡覚、ヤップ・クン・ロン(株式会社INEI)の3名が、それぞれ架空のゲーム企画に基づいて、その世界観を表す一枚絵をつくり上げるまでの考え方とノウハウを、順を追って解説。単なるイラストレーション制作とは違う、コンセプトアートならではの思考プロセス、方法論、表現手法、テクニックなどを一冊に凝縮しています。なお、株式会社INEIのホームページでは、本書で制作したコンセプトアートのレイヤー付きPSDデータおよび制作過程を録画したムービーファイルを販売しています。〈本書のおもな内容〉■Chapter1 富安健一郎が描く「剣と魔法の正統派ダークファンタジーの世界観」■Chapter2 上野拡覚が描く「亜人たちの同盟軍が争うファンタジーの世界観」■Chapter3 ヤップ・クン・ロンが描く「日本が誇るショーグン&ニンジャファンタジーの世界観」※電子版の「著者紹介&ギャラリー」は紙版と掲載作品が異なります(該当ページ:P8,9,11,12,13)
続き・・・



ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法「公式」はコチラから



ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法


>>>ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法評判


BookLive!(ブックライブ)のファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法あるある


1カ月分の固定料金を払えば、多岐にわたる書籍を心置きなく閲覧することができるという読み放題プランが電子書籍で人気を博しています。一冊ずつ購入する手間が掛からないのが一番のポイントです。
「アニメに関しては、テレビで放送されているもの以外見ていない」というのは昔の話であると言えます。そのわけはと言うと、無料アニメ動画などをネットで楽しむというスタイルが増加傾向にあるからです。
漫画と聞くと、「少年少女向けに描かれたもの」だと考えているかもしれません。けれどここ最近のBookLive「ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法」には、壮年期の人が「昔を思いだす」と言うような作品も複数あります。
漫画が大好きなのを他人に知られたくないという人が、ここ数年増えているようです。部屋に漫画の隠し場所がないといった事情があっても、BookLive「ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法」越しであれば人に内緒のままで漫画を読むことが可能です。
「スマホの小さな画面では文字が読みにくいのでは?」とおっしゃる人がいることも認識しておりますが、本当にBookLive「ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法」を買ってスマホで閲覧するということをすれば、その使用感にビックリすること請け合いです。



ページの先頭へ