10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!無料試し読みコーナー


【短期集中でしっかりUnityの基礎固め!】人気のゲームエンジン『Unity』の2D機能だけを使って、本格的な横スクロールアクションゲームづくりに挑戦しましょう。プログラミングの知識がなくても心配無用、手順に沿って進めていくだけで、10日間でバッチリ楽しいゲームを完成させられます。題材となるゲームは、ゲーム会社、株式会社マーベラスのスマホゲーム『およげ!エビフライちゃん』。実際にリリース済みのゲームから本格的なゲームづくりのノウハウを学べるのもポイントです。キャラクターアニメーションの基本や背景の動かし方、ステージを盛り上げる個性的な敵キャラクターたちのつくり方、当たり判定など、応用の利くアルゴリズムや実装方法がたくさん詰まっています。〈本書の構成〉1日目 Unityで開発する準備をしよう2日目 とりあえず動くものをつくってみる3日目 スクリプトの基本を学ぶ4日目 アニメーションをつける5日目 敵キャラクターをつくる6日目 ステージを広くする7日目 敵キャラクターを追加する8日目 ゲームを管理する9日目 スタート画面などを追加する10日目 スマートフォンで動かす※本書ではUnity 5.4.0f3で動作検証を行っています
続き・・・



10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!「公式」はコチラから



10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!


>>>10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!評判


BookLive!(ブックライブ)の10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!あるある


漫画が趣味な人にとって、コレクションしておくための単行本は貴重だということに異論はありませんが、「読むことができればOK」という人の場合は、スマホで読むことのできるBookLive「10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!」の方が使い勝手もいいでしょう。
近頃、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というプランが登場し人気急上昇中です。1冊単位でいくらではなくて、月毎にいくらという課金方法を採っています。
コミックサイトも少なくないので、比較検討して自分に適したものを見つけ出すことが重要です。ということで、手始めに各サイトの優位点を知ることが要されます。
漫画が好きな事を秘匿しておきたいと言う方が、昨今増加しているらしいです。自室に漫画の置き場所がないというような場合でも、BookLive「10日で学ぶUnity 5 2Dゲーム入門 カジュアルゲーム制作で楽しく覚えよう!」を使えば誰にも悟られずに漫画に没頭できます。
一カ月の利用料が固定のサイト登録しなくても利用できるサイト、1巻単位で買うサイト、タダのコミックが山のようにあるサイトなど、コミックサイトも諸々異なるところがありますから、比較した方が良いとお伝えしておきます。



ページの先頭へ