新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学無料試し読みコーナー


工場で造られた新幹線の車両は、一体どうやって車両基地まで運ばれるのか?実は、メーカーから納品先であるJRへは、夜間一般道を利用して、1両ごとにトレーラーで運ばれているのだ。本書では、日本車輌製造豊川製作所から新幹線のレールにつながるJR東海浜松工場までの、日本通運・輸送チームによる陸送のプロセス、そして困難な作業に取り組む男達のドラマを追いかけた。 梅原 淳(うめはらじゅん)1965年東京生まれ。大学卒業後、銀行に入社。その後出版界に身を転じ、月刊『鉄道ファン』編集部などを経て、2000年からフリーランスの鉄道ジャーナリスト。『新幹線不思議読本』(朝日文庫)、『鉄道・車両の謎と不思議』(東京堂出版)、『鉄道用語の不思議』(朝日新書)など著書多数。鉄道各誌や東海道・山陽新幹線の車内誌『ひととき』などにも寄稿。東良 美季(とうらみき)1958年神奈川県生まれ。大学卒業後、編集者、カメラマン、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て現在は執筆業。著書に『アダルトビデオジェネレーション』(メディアワークス)、『猫の神様』(新潮社)。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続き・・・



新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学「公式」はコチラから



新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学


>>>新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学評判


BookLive!(ブックライブ)の新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学あるある


売り場では、置く場所の問題で陳列できる漫画の数に制限がありますが、BookLive「新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学」ではこんな類の限りがないため、ちょっと前に発売された書籍も多いのが特徴でもあるのです。
無料電子書籍を読むことにすれば、やることがなくなって時間だけが過ぎ去っていくなんてことがゼロになるはずです。ランチ休憩や電車での移動中などでも、結構エンジョイできるでしょう。
次から次に新しい漫画が登場するので、何十冊読んだとしても全て読みつくすなんて状況にならないというのがコミックサイトの利点です。本屋には置いていないようなちょっと前のタイトルも読むことができます。
マンガの売上は、毎年のように低減している状態なのです。昔ながらの営業戦略に固執することなく、いつでも読める無料漫画などをサービスすることで、新規顧客の獲得を目論んでいるのです。
電車を利用している間も漫画を読んでいたいと願っている方にとって、BookLive「新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学」ぐらい重宝するものはないでしょう。スマホ一台を持ち歩くだけで、簡単に漫画に没頭することができます。



ページの先頭へ