碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦無料試し読みコーナー


万葉の時代から東西の人々の交通の要衝であった「碓氷峠」。開国後、政府により国内の鉄道建設が進んでいくなか、東海道につづき、中山道経由の鉄道も建設がすすめられた。そこに立ちはだかったのが最大勾配66.7パーミルの「碓氷峠」。この峠を鉄道で越えるために導入されたのが「アプト式」だった。急勾配に加えて26カ所もの隧道(トンネル)では煤煙に包まれ運転は命がけであった。隧道番や保線区員の奮闘に支えられ、日本初の第3軌条採用、幹線電化と進化した碓氷線。昭和38年に粘着運転方式の新線への切り換えを経て、長野新幹線開通によって廃止されるまで、幾多の艱難辛苦を乗り越えてきた碓氷線104年間の歴史をつづる。清水 昇(しみずのぼる)1944年群馬県生まれ。国鉄に24年間在職ののち、歴史作家になる。著書に『戦国忍者列伝 80人の履歴書』『江戸の隠密・御庭番』(河出書房新社)、『戦国剣豪100選』『坂本龍馬と幕末維新人物100選』(リイド文庫)、『幕末維新剣客列伝』(学研パブリッシング)、『お江のすべて』(河出文庫)、『悪妻の日本史』(実業之日本社)、『真田四将伝』(信濃毎日新聞社)など多数。
続き・・・



碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦「公式」はコチラから



碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦


>>>碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦評判


BookLive!(ブックライブ)の碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)碓氷峠を越えたアプト式鉄道 66.7パーミルへの挑戦あるある


CDを試し聞きしてから買い求めるように、漫画についても試し読み後に買うのが普通になってきたという印象です。無料コミックを活用して、読みたい漫画を見つけ出してみてはいかがですか?
老眼が進んだために、近くの物がぼやけて見えるようになってきたという活字中毒症の高齢者にとって、スマホ上で電子書籍が読めるようになったというのは画期的なことなのです。フォントサイズを変更できるからです。
登録している人の数が右肩上がりで伸びているのがコミックサイトなのです。かつては漫画を単行本で買うという人が多かったのですが、電子書籍という形式で買って楽しむという方が増加しています。
電子書籍でなければ漫画を買わないという人が右肩上がりに増えています。バッグなどに入れて運ぶことも不要になりますし、収納する場所も要らないからです。更に無料コミックも揃っているので、試し読みも楽勝でできます。
書籍全般を入手するときには、パラパラとストーリーを確かめてから決める人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読み感覚で中身を確認することができます。



ページの先頭へ