鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる無料試し読みコーナー


日本人にとって「電車」は、定刻どおりかつ安全な乗り物であるのが当然至極。しかし、日本の鉄道を支えているものはじつに膨大であり、どれ一つ欠けても、連携が崩れてダイヤはたちまち乱れる。本書では、一般の人が日ごろ意識せず、またあまり情報公開されることのない鉄道関連の4つのジャンル――「分岐器」「地下鉄トンネル」「窓ガラス」「パンタグラフ」にスポットを当て、その製造開発秘話や現場の苦闘を紹介。鉄道を日々「つくる」技術者たちの英知を知ることで、日本の新たな側面をかいま見る。川辺謙一(かわべけんいち)鉄道技術ライター。1970年三重県生まれ。東北大学工学部卒、東北大学大学院工学研究科修了。化学メーカーに入社、半導体材料などの開発に従事。2004年に独立し、雑誌・書籍に数多く寄稿。鉄道関連のさまざまな職場や当事者を取材・紹介したり、高度化した技術を一般向けに翻訳・解説している。近著に『鉄道のひみつ』(学研パブリッシング)、『図解・地下鉄の科学』(講談社)、『電車のしくみ』(ちくま新書)、『くらべる鉄道』(東京書籍)、『鐵路大比較』(台湾東販・中国語版)、『図解・新幹線運行のメカニズム』(講談社)がある。本書では図版も担当。
続き・・・



鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる「公式」はコチラから



鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる


>>>鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる評判


BookLive!(ブックライブ)の鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるあるある


スマホが1台あれば、BookLive「鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる」をいつでも漫喫できます。ベッドに寝そべって、眠りに入るまでのリラックスタイムに見るという人が増加しています。
毎月の本代は、1冊単位での価格で見れば高くはないかもしれませんが、たくさん購入してしまうと、月々の購入代金はかなり膨らむことになります。読み放題ならば料金が固定なので、支出を抑制できます。
老眼の為に、近くの文字がぼやけるようになったという本が好きな高齢読書家には、スマホで電子書籍を楽しむことができるというのはすごいことなのです。フォントサイズを読みやすいように調節できるからです。
「すべての本が読み放題なら、どれほどにいいだろう」という利用者の発想を反映する形で、「月に固定額を払えば毎回の支払いはいらない」という形式の電子書籍が生まれたのです。
昨今、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というサービスが登場し注目が高まっています。1冊毎にいくらというのではなく、月極めいくらという料金収受方式になっているわけです。



ページの先頭へ