現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]無料試し読みコーナー


【いまのWeb制作に乗り遅れないために。大好評ベストセラーの最新改訂版!】ここ最近のWeb制作の状況を見ても、サポート切れによる古いInternet Explorerの淘汰とEdgeへの移行、ファブレットの普及によるタッチデバイス端末の画面サイズの多様化、モバイル対応の一般化、フラットデザインの定着など、様々な点で変化と進化を遂げています。本書ではこのような状況を踏まえ、2014年に刊行してご好評をいただいた『現場のプロが教えるWeb制作の最新常識』を現在の状況にあわせてアップデートしました。「デザイン・レイアウト」「マルチデバイス対応」「HTML・CSS・JavaScript」「サイト構築・管理・運用」の4つの側面から、いまWeb制作に携わる方々が知っておくべき情報を網羅的に解説しています。いまのトレンドとそれらのメリット/デメリット、採用する際の前提や条件などにも触れていますので、実際の仕事で取り入れるかどうかを検討する際にも役立ちます。「最近はどんなレイアウトが流行っている?」「モバイルフレンドリーテストにはどう対応すればよい?」といったよくぶつかる疑問を解消し、Web制作の「いまの常識」を体系的に理解できる一冊です。〈本書の内容〉■CHAPTER1 デザイン・レイアウトWebデザインの潮流/情報設計の傾向/レイアウトのトレンド/プロモーションサイト/配色/脱ビットマップ画像/フラットデザインの注意点/Google Material Design/無料ツール/Webフォント/デザインガイドライン作成/Webリソース■CHAPTER2 マルチデバイス対応マルチデバイス対応/モバイルファースト/モックアップ作成とインブラウザデザイン/デザインガイドラインを参考に/スマートフォンサイトのレイアウト/レスポンシブの変化パターン/スマートフォン特有のコーディング/モバイルフレンドリーテストへの対応/iOSとAndroidの違い■CHAPTER3 HTML・CSS・JavaScriptターゲットブラウザの決め方/CSS3の使い方/ベンダープレフィックス/リセットCSS/ブラウザ対応用ライブラリ/フォーム/アイコンフォント/CSSフレームワーク/CSSメタ言語/SassとCompass/ポストプロセッサー/CSS設計/フロントエンドでの軽量化/Emmet/エディタ/構造化マークアップ/Webアクセシビリティ/jQueryのバージョン/Node.js&ツール/開発者ツールとシミュレーター■CHAPTER4 サイト構築・管理・運用プロジェクト管理/CMS/バックエンドでのサイト高速化/サーバの選び方/SEOの最新情勢/ソーシャル対応/Google Analytics/セキュリティ/マーケティングの用語集
続き・・・



現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]「公式」はコチラから



現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]


>>>現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]評判


BookLive!(ブックライブ)の現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]あるある


店舗では扱っていないといったちょっと前に発売された漫画も、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップ中には、アラフォー世代がずいぶん前に繰り返し読んだ本も沢山含まれています。
決済前に試し読みをして漫画のイラストや中身を理解した上で、納得して買えるのがウェブで読める漫画の長所です。支払いをする前に内容を知れるので失敗がありません。
本の購入代金というものは、1冊あたりの金額で見ればそこまで高額ではありませんが、何冊も買ってしまうと、月単位の合計金額は大きくなります。読み放題なら金額が固定になるため、支出を節約できるはずです。
利用料のかからない無料漫画を読むことができるようにすることで、ユーザーを増やし売上増加へと繋げるのが電子書籍を運営する会社にとっての目論みだと言えますが、同時に利用者側からしても試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
懐かしいコミックなど、店頭販売では取り寄せを頼まないと買うことができない作品も、BookLive「現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]」の形でバラエティー豊富に取り扱われていますので、どこにいても買って読み始められます。



ページの先頭へ